« 水沢の自慢CMを作ろう原稿 | Main | 地元メディアの有り難さ »

2006.07.20

貴重な声

一昨日はPTAの会議だった。その中の議題に地区懇談会の報告があった。
本校は870名以上の学校なので、懇談の対象となる地区も多い。その分、地区の要望が出てくるわけである。

要望といっても授業のことや家庭学習等は学級懇談会や直接担任に話がいく。地区から出ている要望は学校のシステムやルール、行事、物的なことがメインである。くわしく見てみると「なるほどなあ」「そういう考えもあるなあ」ということを感じた。具体的な内容については書けないが、地域の声は貴重だとつくづく思う。

こう考えると、学校への注文は小さいながらも学校を変える要素を持っている。こういう声は年1回ではなく、定期的にあっていいと思った。

|

« 水沢の自慢CMを作ろう原稿 | Main | 地元メディアの有り難さ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 水沢の自慢CMを作ろう原稿 | Main | 地元メディアの有り難さ »