« 7年前の「約束」 2 | Main | 過去の学びを生かす »

2006.08.17

京都橘大学児童教育学科開設記念シンポジウム

以前にも簡単に紹介をしましたが,京都橘大学児童教育学科開設記念シンポジウムが9月24日に開催されます。大学のWebに案内が掲載されていました。こちらです。私の他に登壇する3人の先生方はそれぞれの分野の第一人者。その中で各自が模擬授業をするので,正直プレッシャーです。でも,自分の貴重な学びになるのは確か。強みを生かしてできることをしようと思っています。締切が8月中です。お近くの方,ぜひご参加を!

-------

児童教育学科開設記念シンポジウム
「授業の達人に学ぶ15分の可能性-こどもは一日でどのくらい成長するのだろうか?-」

 授業の上手な先生に出会うとき、子どもたちは大きく成長します。
 では、どうしたら授業が上手になれるのでしょうか?どうしたらいい授業ができるのでしょうか?
 京都橘大学児童教育学科開設記念シンポジウムでは、子どもを伸ばす授業の極意に迫ります。授業づくりの最先端で挑戦を続ける4人の小学校の先生が登場。模擬授業を通して授業づくりのポイントを解き明かします。「漢字指導」を手がかりに、子ども把握の方法、リズムある授業のつくり方、ITの活用法などを問題提起します。先生も子どもたちも明日からの授業がきっと楽しみになるはずです。

■講師

“教育の鉄人”、10マス計算・国語指導で有名。テレビ東京「ガイアの夜明け」出演
杉渕鉄良先生(東京都足立区立五反野小学校教諭)

ITを活用した授業に取り組む。NHK「わくわく授業」出演
佐藤正寿先生(岩手県奥州市立水沢小学校教諭)

ミニネタ研究会代表、お笑い教師同盟に所属
土作 彰先生(奈良県広陵町立広陵西小学校教諭)

学校心理士、学級経営・アドラー心理学を研究
赤坂真二先生(新潟県新潟市立曽野木小学校教諭)

■コーディネーター
池田 修(本学文学部助教授)

■日時
2006年9月24日(日) 13:00~17:00

■会場
京都市国際交流会館(地下鉄東西線「蹴上」下車)

申し込みも大学Webからできます。

|

« 7年前の「約束」 2 | Main | 過去の学びを生かす »

Comments

佐藤さん、池田です。
精力的に夏休みを過ごされていますね。

京都橘大学児童教育学科開設シンポジュームのご案内、ありがとうございます。来年度から使う児童教育学科の新校舎も鉄骨の組み立てが終わり、コンクリートの流し込みが始まりました。

大学はいま夏休みの真ん中で、蝉が主役のようです。私は来週からの集中講義の準備と、教員採用試験の二次試験に向かう学生の指導で大学に来ています。

シンポジュームは、とても楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

Posted by: 池田修 | 2006.08.19 at 14:05

池田さん,コメント&お招き,本当にありがとうございます。来週から少しずつ相談しようと思っています。その時にはよろしくお願いいたします。

新校舎も建築中なのですね。全てが新しい状態からスタートする児童教育学科。「パイオニアとしての誇り」を池田さんも感じていることでしょうね。

Posted by: サトマサ | 2006.08.19 at 20:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 7年前の「約束」 2 | Main | 過去の学びを生かす »