« 後半に向けて | Main | 日本一簡単なIT活用セミナー »

2006.10.10

落合監督

中日ドラゴンズが優勝をした。
別にプロ野球、そして中日のファンというわけではない。落合監督が自分と同じ秋田の出身、しかも同じ南秋田郡内ということで、親近感を持っているだけだ。(ちなみに今は元巨人の石井浩郎は母校の後輩)

スケールは全く違うけど、監督の立場は学級担任に似ていると思っている。のびのびと一人一人をプレーさせる監督もいれば、厳しい監督もいるだろう。一人一人を上手に再生させる監督もいれば、トレードで入ってきたいい選手をダメにする監督もいる。学級経営に何となく似ている。

さて、新聞を読むと今年の落合監督の変容に「感情をあらわにするようになり、非情さも見せるようになった」と書かれていた。その時々の状況によって監督の雰囲気が変わるのは当然あるだろう。今年は立浪選手を先発から夏以降は先発から外しているとのこと。
それを読みながら、校外関係の仕事に対してあれこれ思った。「依頼された仕事は断らない」を原則にしてきた。そうするとその仕事が継続すれば、当然仕事は上積みする。新しい仕事をするには、今までの仕事を選択することが必要ではないかと。
「選択する」「適切な人に任せる」・・・これが自分には必要ではないかと感じた。

|

« 後半に向けて | Main | 日本一簡単なIT活用セミナー »

Comments

「選択する」というお言葉がとても印象的でした。サトマサ先生のようなたくさんの仕事をしているわけでは全くありませんが、最近、自分の力量に合わせて「選択」ということも大切かなあと思っています。ただし、「選択」する分、1つの仕事をより深くやろうという意識も遅まきながら芽生えてきました。

Posted by: みやくん | 2006.10.12 at 23:10

コメントをありがとうございました。「選択」は「集中」とセットとなる言葉ですね。いわゆる「集中と選択」です。選択した分、深く掘り下げなければと思っています。

Posted by: サトマサ | 2006.10.13 at 06:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 後半に向けて | Main | 日本一簡単なIT活用セミナー »