« 初心者が広めるIT活用 | Main | 即代案ができること »

2006.10.06

IT指導力の基準作り

毎日インタラクティブに「教員のIT指導力の基準作り始まる」という記事が掲載されていた。
「いよいよ、次の段階になってきたな」という思いである。
今までも「ITを使って指導できる教員の割合」等の調査が行われてきた。しかし、それらはあくまでも「指導できる教員の割合」であり、「指導している教員の割合」ではない。ましてや「効果的に指導している教員」といったところまでは、考えられていない。

この記事の中で、特に注目したのは清水座長の「国際的に通用する基準であることも重要だ」という指摘だ。これはIT指導力が世界の教育の中で、すでに重要な位置を占めていることを物語っている。今後に注目したい。

|

« 初心者が広めるIT活用 | Main | 即代案ができること »

Comments

視点を変えると、

ICT の活用力というよりも、
授業の中でICT をどう活用しているか、
ではないか、と思います。

必要でない場面であえてICT を
取り入れることはありませんし。
取り入れた方が効果的な場面では、
すっと使えるだけの技術を身につけておきたいですね。

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.10.07 at 02:01

コメント、ありがとうございます。必要な時にICTを活用する・・・全くその通りだと思います。あくまでも授業づくりが最初というのは変わらない部分ですね。

Posted by: サトマサ | 2006.10.07 at 05:42

単独ではなりたたないですしね。
校務でのICT 活用と、授業でのICT 活用が
ありますね。

ICT を校務に積極的に使いましょう。
授業で効果的にICT を取り入れましょう。
この微妙な違いかも。

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.10.07 at 11:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 初心者が広めるIT活用 | Main | 即代案ができること »