« 市場が広がる | Main | 15万アクセス »

2006.10.23

学年PTAの食堂

本校の文化祭の特色の一つに6学年PTAによる食堂・販売経営がある。
学年PTAが主催で体育館で食堂(うどん・カレー)と販売(十数品目)をするのである。子どもたちも給仕や売り子になるだけではなく、会場準備をする。

もちろん、必ずしなければいけないものではなく、その年々の学年PTAの考えで行うかどうかは決定している。
十数年前まではいくつかの学校で似たようなことが行われていたが、その準備の大変さで今は限られた学校でしか行われていないだろう。ちなみに収益金は子どもたちの教育活動に還元される。

本校で改めて続いている理由を考えると、いくつか考えられる。教師からすれば、子どもたちの別の一面を見ることができるということだ。ふだんなかなか大声を出さない子が「うどん、いかがですか~!」と張り切って叫ぶ。また、お客さんに「ありがとうございました」「失礼します。トレイを回収します」と言って回るような経験も、小学生ではできない。よさが見られる、貴重な経験という点で十分に価値がある。

PTA役員の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいだ。体育館に300席以上の食堂。計画段階からの会議は7回。それ以外も分担して、あれこれ交渉や準備等をしてくださった。そして前日も当日もフル回転。仕事や家庭等、それぞれの事情がありながらの取り組みである。
そういう事情を他の保護者の皆さんも知っていて、作業では実に協力的だった。保護者同士がつながるという点でも意義は大きかった。

一つのイベントをするには、実に多くのすべきことがあり、長時間の会議になることもあった。それも今はいい思い出だ。このような価値ある取り組みは子どもにとってずっと思い出に残るであろう。

|

« 市場が広がる | Main | 15万アクセス »

Comments

何事にも一生懸命取り組む、
ということを見るよい機会ですね。

先生方も同様だと思います。

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.10.24 at 06:13

コメントありがとうございました。親と子、そして教師の共同作業。貴重な機会でした。

Posted by: サトマサ | 2006.10.24 at 06:23

お疲れさまでした。
我が家はそういうところから外されている不登校児(PTA室登校の放置組)なのでうらやましいです。案内も来ません。
が、環境への取組をこのPTA食堂でできればおもしろいかも、と思いました。ゴミゼロプロジェクトとか。

Posted by: カジパ | 2006.10.25 at 08:18

カジバさん、コメントありがとうございます。
うーん、環境ですね・・・。分別はしたものの「ゴミゼロプロジェクト」までは考えませんでしたね。いろいろなイベントが、環境への取り組みにいろいろとつながりそうだということがわかりました。
ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2006.10.25 at 19:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 市場が広がる | Main | 15万アクセス »