« 未知の情報 | Main | 今回の大阪行き »

2006.11.12

プレゼンの組み立て

NEEの「デジタル仕事術」セッション、日本一簡単なIT活用セミナーでプレゼンをする。
仕事術は20分、IT活用は5分である。

どちらも今までの経験から、スライドを構成&プレゼン。
知っている先生方も何人か参加して、感想もいただき、それなりの評価をいただいた。
(セミナ後、すぐに評価していただけるのは、今の時代だからだなあ・・・)

しかし、額面通りには自分では受け取ってはいない。それは自分がよく知っている。
パワーポイントの知識不足の失敗もあった。
いずれ、もっともっと「よりよいプレゼン」を目指さなければいけないと痛感している。
このようなセミナーのプレゼンも経験回数が増えてきた。
ここで恐いのは「このようなプレゼンでいいのだ」と自分の中で決めてしまうことだ。
効果的なシートの作り方にしても、語り方にしても、もちろん具体的な内容にしても他の先生方から学ぶ機会は多い。そういう目で見て行きたいと思う。

|

« 未知の情報 | Main | 今回の大阪行き »

Comments

私もプレゼン用のスライドなど
作成するときは、
いつも新しいアイデアを、と考えています。

最近では、もっぱら
PowerPoint2007 を使って
新しいデザイン・機能を使ったスライドづくりを
しているところです。

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.11.12 at 22:31

コメント、ありがとうございます。
バージョンが2007なのですね・・・。
自分のは2002。
かえ時を越していますね・・・。

Posted by: サトマサ | 2006.11.12 at 22:44

来年1月に発売される、
WindowsVista とOffice2007 を試用しています。
ベータ版ですね。

Word2007 やPowerPoint2007 は
だいぶ使えるようになりました。

Office2003 とも操作性もだいぶ違いますしね。
できあがるデザインはかなりスマートな感じです。

http://mochizuki.la.coocan.jp/blog/
http://www.mochizuki.net/

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.11.12 at 23:03

埼玉、ご苦労様でした。第1回から聞かせてもらっていますが、授業を骨格とした話はいつも魅力的です。
プレゼンより内容です。(青い目もそうでした)
なによりも授業が楽しい、子どもたちも楽しい、さらに先生が楽しんでいるというのが伝わってきました。
昨晩、ある校長先生が「最近、学校が楽しくないと先生方が言っている」と話してくれました。子ども達と向き合う余裕が無いというのが理由だそうです。
基本はあくまでも対人間、デジタルでその時間を作り出すという仕事術、これからも有益な話を期待しています。
ありがとうございました。

Posted by: 齋藤 | 2006.11.13 at 06:15

斎藤先生、コメントありがとうございます。
3回目ですし、似た話で申し訳なかったのですが、本当に有り難いコメントだと思っています。
仕事で困難な点があると「楽しくない」と思ってしまうのは、ある意味仕方のないところです。でも、壁があるからそれを乗り越える楽しみがあるのも事実ですね。子どもたちに語ることを常に自戒しています。ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2006.11.13 at 06:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 未知の情報 | Main | 今回の大阪行き »