« 改めて・・・ | Main | 元気な生活科 »

2006.11.30

効率化と必要な「無駄」

教育ルネサンスにこのごろ注目している。
現場の様子を具体的に伝えているからだ。
今回は「大量の文書 指導時間奪う」というもの。「ああ、あるある・・・」と思っていたら管理職が・・・というものだった。もちろん管理職や教務主任ほどではないが、「文書がもっと減ってくれれば・・・」と正直思うこともある。その文書が子どもたちのためになるなら別だが。

教諭である自分は、文書について減らせる権限はないので、仕事術をアップしていかに効率的に文書を処理するかということをよく考えている。一番いいのは、やはりその場主義。見たら書けるものは書いて担当に提出する。
あとで書こうと思っても、けっこう「あれ、いつ提出だっけ?」と考えたり、「あの書類、どこにしまったっけ・・・」と探したりした経験があるからだ。そういう手間ひまを考えたら、出せるものは即出した方がいいし、担当者にも「先生は早い方だから」と思ってもらえる。
これは効率化の話。

同時に、一般的には「無駄」と思われることでも、仕事には必要と思われることがある。それは子どもや同僚との会話だ。
子どもたちとの雑談は、子どもたちとの人間関係を良好とするだけではなく、重要な情報を得たり、子どもたちへの働きかけのためには不可欠なものである。今日もちょっとした雑談から、生徒指導に関わる話を聞くことができた。だから昼休みは可能な限り教室で仕事をするようにしている。
同僚との会話も同様だ。貴重な情報交換の場だし、会話から実践のヒントが見つかることももちろんだ。仕事の効率だけを考えたら確かに「無駄」だが、それ以上に子どもたちのためになっていると思われる。

|

« 改めて・・・ | Main | 元気な生活科 »

Comments

さんせーい。

今日はありがとうございました。皆さん、さすがです。報告をうっとりと聞いていました。
楽しい時間を過ごさせていただきました。
やっぱり小学校の先生になりたかったなあ。。。

でも、こちらから質問したりしながら、じっくりと僕が理解できるまでお話しさせていただきたいなあ、と思いました。今日は僕も7時から盛岡で会議だったので、バタバタと帰るしかなかったのですが。
報告と、それに助言、というだけでは、僕はまだ有用なお話ができる能力はありません。今日はそれを痛感しました。

大学も会議と書類だらけです。そういう調査をやるなら、今、紙をくれ、と言ったこともあります。そうしないと、また時間を取られるし、紙は無くなるし。僕のまわりは、高さ20センチの紙の山が机6つ分もあります。。。
先生が忙しくなると、やはりしわ寄せは学生(生徒)にいきますね。それは重く受け止めています。僕も一応、先生なのですから。

今日質問なさった先生によろしくお伝え下さい。
僕も、そこをどうしたら良いか、考え中です、と。

Posted by: 梶原昌五 | 2006.11.30 at 23:48

梶原先生、本校の校内研修会でのご助言、本当にありがとうござました。
梶原先生が来校されると聞いた時に、「本当は大学で仕事をされた方がご自分の仕事がどんどん進むのでは・・・」とこっそり思っていました。でも、「楽しい時間を過ごした」という言葉で、こういう時間も大切だったんだと思いました。
先生が書かれているように、私も校内研でももっとじっくりと話したいということがあります。いつも決まった会議形式ではなく・・・。雑談からいろいろな授業のヒントも出てくるのでは・・・と思っています。
ありがとうございました。
 ※某MLでの情報テキストのご紹介、ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2006.12.01 at 06:14

佐藤先生、こんにちは。新城市の瀧川紀幸です。

読売新聞の教育ルネッサンスですよねー。私も楽しみにしています。
藤原先生の書類の話などは面白いと思いました。
ちょうど、地元の小学校の先生とそんな話をしていましたので・・・。

いつも楽しく拝見させていただいております。
たまには、まなびWAVEのブログも覗いてみてください。
たいしたものではないですが、何とか続けています。
ありがとうございました。

Posted by: takikawa | 2006.12.01 at 15:36

龍川さん、ご無沙汰しております。
「まなびWAVE」時々、拝見しております。
「今年を漢字一字で表す」・・・毎年私は授業でしています。今年も中旬ぐらいに行う予定です。
自分にとっては何かな・・・。
またブログに書いてみたいと思います。

Posted by: サトマサ | 2006.12.02 at 08:00

文書大変ですね。
私も「あらかじめ」と言われ、
いつも事前に準備しておくようにしますが、
ときどきぎりぎりで提出することもあって
ひやっとすることがあります。

Posted by: Y.Mochizuki | 2006.12.02 at 19:16

コメントありがとうございます。
文書提出、私は1日前が常です。
(これはぎりぎりに入るのかな?遅れることはありませんが)
余裕が大切と思いつつ、なかなかできないです。

Posted by: サトマサ | 2006.12.02 at 19:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 改めて・・・ | Main | 元気な生活科 »