« テスト作成対決? | Main | テレビで見たIT活用 »

2006.11.19

見えないものが見えてくる

今日、お笑い芸人のデッカチャンを子どもたちと見に行ったら、広告と違っていてだいぶ早い時間だった。まあ、無料のイベントだから仕方がない。
そこで、近くの本屋さんに行き、2冊購入。待ち時間で大部分を読んだ。逆に読書が進んだ。

そのうちの一冊。日垣隆「知的ストレッチ入門」。その中で印象に残ったフレーズがいくつもあった。

・「それまで見えなかったものが見えてくる」・・・5000円前後の靴しか買わない人が、4万円の靴を気に入って買ってしまうと、その後「違う世界」が見えるようになる。
→別の表現で「プレッシャーに感じるほどの負荷をかけて到達できるレベルというものがある」と述べている。自分にとって、8月上旬の県外講師、10月~11月の3週連続の遠征がこれに当たるのかな・・・と感じた。

・「フィニッシュの回数を多くする」・・・同じようなテーマの仕事の依頼が来る。これから努力をしていかなければいけない人は、終わったことの余力で食うようなことをすると、決して成長に結びつかない。
→今の自分に必要なことだ。まだまだフィニッシュの回数が少なすぎる。

このような刺激的なフレーズがいくつもある。いい本を読んだ後は、意欲も倍加する。

|

« テスト作成対決? | Main | テレビで見たIT活用 »

Comments

読まれましたか。私は机のところが好きです。
確か表紙か裏表紙に机のところで書かれているものが
写真で出ていましたよね。
これはやってみたいなあと思いました。

手帳も彼の勧める高橋のを店で見ましたが、
こちらは私はパスだなと思いました。

いずれにしてもなかなか良い本でしたね。

Posted by: 池田修 | 2006.11.19 at 18:18

コメントありがとうございました。
机の周りへのこだわり、確かにおもしろいです。もっとも我が家の机は私のだらしなさから機能停止状態が続いています。
オーダーメード鞄もいいなあと思います。池田さんも鞄のことはブログに書かれていましたね。
一流の方は、やはり道具にもこだわるのだと感じました。

Posted by: サトマサ | 2006.11.19 at 18:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テスト作成対決? | Main | テレビで見たIT活用 »