« 1月号の雑誌から | Main | 慣れればできる »

2006.12.27

校内で話す

初任研、経10年研で「IT活用の話を」と頼まれ、1時間半、時間をいただいた。
初任者は2名、10年研の先生は3名、合計5名である。
今年講演や講座等でよく依頼されたテーマなので、今までの資料やプレゼンを適宜編集した。その準備は30分ほど。今までの財産を活用した形。

・ITを使った模擬授業2本(解説と同時進行)
・IT活用の方法(プロジェクタ中心)
・ITと学力
・IT活用仕事術
・IT活用Q&A

という流れで90分間。話す側にとっても反応がよく、とても楽しい時間だった。Q&Aでは、IT活用に限らず、時間をどう生み出しているのか(確かに子育て真っ盛り世代にとっては重要な問題だ)、模擬授業のデータがほしいといったような、通常のセミナーのような話題になった。

考えてみれば、全員一斉に揃った研究会は月1回ぐらいの本校にとっては、このような機会はなかなかない。でもこのように校内向けにもどんどんと話していきたいものだと、今回改めて思った。

|

« 1月号の雑誌から | Main | 慣れればできる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1月号の雑誌から | Main | 慣れればできる »