« やはり熱い!雪プロ集団 | Main | 世界の国々と雪2 »

2007.02.13

世界の国々と雪1

 札幌での飛び込み授業の前に、一度自分の学級で試していた。その記録を学級通信として発行していた。その学級通信である。(実際のものには写真が5枚掲載)

学級通信 プロジェクトZ 161号より

 社会科では「世界の国々」の学習に入っています。
 ここでは、子どもたちの知識を広げるための教材がたくさんあります。昨日は「雪」から子どもたちに迫りました。

最初はクイズです。右の写真を示しました。「どこでしょう?どの民族でしょう」と聞きます。
 ふだんあまり見たことがないこのような写真だけでも、子どもたちの情報は広がります。右上は移動式テントの写真からモンゴルとすぐに出てきました。右の写真は、雪のブロックを積み重ねた家です。これは「テレビで見たことはある」と言っていましたが、どこの民族かはわかりません。ヒントを与えて「イヌイット族」と出てきました。

 さらに「オーロラとサンタの国」と言われている国はどこか聞きました。これもきれいなオーロラの写真と「サンタクロース村」の写真を示しました。

 これはさすがに子どもたちはわかりませんでした。答えは「フィンランド」です。「何か知っていることはありませんか?」と聞いても、「ムーミンがいた」(確かにムーミンの作者の故郷です)ということしか出てきませんでした。
 そこで、簡単にフィンランドについて紹介をしました。

・北ヨーロッパにあること
・日本より少し広い面積であること
・氷河からできた湖が多いこと
・人口は520万人と日本よりはるかに少ないこと
・国旗の白は雪を表していること
・携帯電話生産は世界で一番であること

ここで子どもたちに聞きました。
「実はこのフィンランドで現地の言葉になった日本語があります。何だと思いますか。」(つづく)

|

« やはり熱い!雪プロ集団 | Main | 世界の国々と雪2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« やはり熱い!雪プロ集団 | Main | 世界の国々と雪2 »