« 読書量 | Main | 校内研の活性化 »

2007.04.06

今年は担任外

今日は始業式。担任発表の日。

今年、私は「担任外」である。研究主任、情報教育主任、副教務等が自分の分掌である。
教師になって22年、ずっと担任だったので、新年度が始まってからの数日間は、やはり違った感覚だった。担任時代はたくさんの事務量だったけど、それが新年度への当然の準備だったし、始業式前日は「どんな作戦でいこうか」というわくわく感があった。
今年はそれがない。研究主任としての提案、管内研修のとりまとめ、年間指導計画の編集等々が研究の仕事。残りの時間は「7学年」として、様々な仕事をした。慣れるまでもう少しかかるだろう。

ただ、「佐藤学級」は今年は存在しないが、算数(少人数担当)と社会で合計4学級に入ることになっている。特に社会を週に6時間担当できるのは幸せだ。担任時代は週に3時間しか担当できなかったのだから、自分の実践ができるチャンスだと思っている。
また補教担当として全校のあちこちの学級にも入るだろう。その時に「情報の学習」も可能である。
また、部会研究でも社会に入らせてもらって、研究授業もすることになっている。
空き時間はICT活用・PC学習のサポートもできるであろう。
だから、「授業者」としては、今年も実践は積み上げることができると思っているし、その面での発信もバンバンとしていきたいと思っている。

研究主任の仕事に係わっては明日。

|

« 読書量 | Main | 校内研の活性化 »

Comments

私の教師初仕事も担任外でした。
年度末のたった四週間、介護代替えでしたが
全校児童115名の担任というか遊び相手というか
不思議な視点から仕事をしていました。
実際に一時間授業を持たせていただいたり(もちろんパソコンは必須)
大変良くしてもらいました。

今年の夏こそ頑張りますよ!

Posted by: 松田@札幌 | 2007.04.12 at 18:10

松田さん、コメントありがとうございました。
確かに担任外になると、いろいろな学級を見ますからわかることがあります。たとえば身体測定で1~2年の8クラスを見ましたが、本当に担任の個性や指導が反映されていると思いました。
夏、よろしくお願いいたします。

Posted by: サトマサ | 2007.04.12 at 19:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 読書量 | Main | 校内研の活性化 »