« 東北青年塾、始動! | Main | 東北青年塾・mixiで »

2007.04.27

修学旅行

昨日と今日の修学旅行。
いろいろと気付いた点があった。

1 学力テストの余波
 例年4月末が本校の修学旅行の時期。今年は同じ日に修学旅行をする学校が多く、松島もベニーランドも大混雑だった。こんなことは初めてであった。
 考えてみれば24日が全国学力テスト。前の週も翌日も修学旅行は厳しいであろう。そこで、26日・27日あたりが妥当と考える。そこで集中したのであろう。

2 インフルエンザの影響
 季節外れのインフルエンザの影響を受けて、同行できなくなった子がいた。大変気の毒だが仕方のないことだ。他校では十数名が修学旅行に行けなくなったという話を聞いた。一時は延期も考えたようだ。「修学旅行の延期」という発想は全くなかった。しかし、このような事態の場合に、その可能性も考えるということも学んだ。

3 見方の変化
 担任外として子どもたちを見ると、担任時代とは違ってゆとりのある見方になる。担任としての修学旅行では「きちんとさせる」にこだわっていたのかもしれない・・・・と反省。

4 子どもたちを覚えた
 6年生2学級に社会を教えているが、昨年度まで接点がなかったということもあり、名前をなかなか覚えられなかった。しかし、この2日間でかなり覚えた。ずっと子どもたちと行動を共にすることは、このようなメリットがあると痛感。

5 同僚と話す
 これもけっこう時間があり、実に貴重だった。

6 学校が違えば・・・・
 ベニーランドでは30校が来ていた。学校が違えば、修学旅行時の対応も違う。次々とゲームセンターでお金を使う子ども。アイスを食べながら歩いている子ども。それに対して見知らぬ先生方に「こんにちは!」とさわやかに挨拶する子ども。全て「指導」の結果と感じた。

 まだまだいろいろと感じたことがあったが、ここまで。

|

« 東北青年塾、始動! | Main | 東北青年塾・mixiで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東北青年塾、始動! | Main | 東北青年塾・mixiで »