« 校内研が勝負の場 | Main | 2つの取組 »

2007.04.24

「とっても便利ですね」

今年は担任外であるが、3年・6年を中心に授業をしているので、プロジェクタ・スクリーンは授業合間の5分間休みは大移動。ガラガラと音をたててキャスターを押している。
3年の算数は、ティームティーチング。自分はT2の役割。T1の先生のサポートだ。そこで、フルにプロジェクタプラス実物投影機を活用。ふだんはICT活用はないということなのだが、機器+セットする人がいるということで、何回も「とっても便利ですね」とつぶやく。確かに算数で教科書の図をそのまま拡大提示できるのは魅力的だ。

これは出張や年休等の補教授業でも同様。学習内容でICT活用に関わる部分があったら、喜んで実践している。子どもたちももちろん大喜びだ。
そう考えたら、今もポジションでいろいろな学年にICT活用を広めることができるのは、本校にとっていいことであろう。
明日は1年生教室へ補教に入る。ICT活用のための準備も行った。さあ、入学2週間あまりの子どもたちはどう反応するか。楽しみである。

|

« 校内研が勝負の場 | Main | 2つの取組 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 校内研が勝負の場 | Main | 2つの取組 »