« 気になる言葉 | Main | 名前を覚える »

2007.05.10

原点を確認する

今日の校内研で「やはり原点を確認しなければ・・・」ということがあった。
本校では総合単元的な道徳学習を推進している。総合単元的な道徳学習の説明はこちらがまとまっている。
取り組み始めたのは10年以上前だ。

私が転勤したての頃は、本校でもっとも盛んに取り組んでいた先生方がいて、その実践を一生懸命に校内研で語っていたものだった。ところが年月も過ぎ、盛んに取り組んでいた時のことを知っている先生は誰もいなくなってしまった。それでも「よいものは続けよう」ということで、今も総合単元的な道徳学習は続いている。

しかしながら、「形」だけが残ってしまっているところがあったのも事実。教育現場にいれば、「長年続いているもののそもそも最初に始めた趣旨は?」と思うことが時々出てくる。これもそうだった。
今回は十年前に本校にいた先生が、改めて「総合単元的な道徳学習」を行うことになった経緯をきちんと話してくださった。それによって、この学習の意義を改めて感じた先生方も多かったようだ。

「原点を確認する」・・・この大切さを改めて知った校内研であった。

|

« 気になる言葉 | Main | 名前を覚える »

Comments

うなづきながら読みました。学校の歴史的経緯は大事だと思っています。恥ずかしながら本校で10年目をむかえ今はシーラカンス状態ですが、ここ数年は「元々は…だったが、現在の~は」「○年前に、…をきっかけに、~のねらいのもとに始まった」という説明をする立場になりましたが、「原点を確認する」その重要性はますばかりです。

Posted by: たかはし | 2007.05.11 at 01:29

コメントありがとうございます。
いやいや、シーラカンス状態でも、きちんと開始当初の理念をもちつづけている先生がいると、学校は原点を維持できると思います。その点では高橋さんはその存在自体が重要ですね。

Posted by: サトマサ | 2007.05.11 at 05:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 気になる言葉 | Main | 名前を覚える »