« 学級通信本の反応 | Main | 研究の「見える化」をどうするか1 »

2007.06.09

学級通信サイト

今日も学級通信に関わる話題。
本を読まれた方から、今日も何人か感想をいただいた。
有り難いことだ。
アマゾンでも2000位ぐらいまで上昇してきた。ネットで一番売れるのは、やはり発売直後なので、著者としては気になるところだ。

さて、今日は本の中で書いている私の学級通信サイトを紹介したい。
こちらである。
7年前にホームページを作った時に、「コンテンツを増やさなければ」と思い、一日1サイトをコツコツと2ヶ月ぐらい作り続けたものである。
改めて読み直すと当時の子どもたち、当時の実践が鮮やかに蘇ってくる。
教師という仕事の有り難さを思う時である。

|

« 学級通信本の反応 | Main | 研究の「見える化」をどうするか1 »

Comments

先生のこのホームページを
見て学んだことは多かったです。

今の通信術につながっています。

Posted by: ながたく | 2007.06.09 at 23:59

ながたくさん、コメントありがとうございます。

何も解説もないぺージでしたが、そこから通信術を学ばれたという点、すばらしいです。ありがとうございます。

Posted by: サトマサ | 2007.06.10 at 08:30

沖縄の大城です。佐藤先生の「学級通信」にも影響を受けて、実行に移しています。さすが、佐藤先生の域までにはいきませんが、去年も110号まで出すことができました。1年を終えてみることで色々と力もついたし、大変でしたが、保護者とのつながりや子どもの意欲等にもつながり、とてもよかったです。その先生の実践の本が出るということで、すぐに購入しました。また、これを参考に、励みにして学級通信を継続して続けたいと思います。
 また、佐藤先生の実践を活かした本が出ることを楽しみにしています。

Posted by: ooshiro | 2007.06.13 at 22:32

大城さん、嬉しいコメント、ありがとうございました。
私自身は学級通信を学級経営の柱にしてきました。「他の分野はとても太刀打ちできない」と自覚していましたので。
それがよかったのでしょう。初任2年目は、毎日一定の時間を注いで発行しました。その中で、「通信に掲載するためにいい授業をしよう」と本末転倒的な発想で、結果的に授業力もアップしたと思います。
そのような面も本には書きました。ご購入ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2007.06.13 at 22:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学級通信本の反応 | Main | 研究の「見える化」をどうするか1 »