« 明日の教室(7月7日・京都) | Main | 第6回メディつきセミナー(8/5 東京) »

2007.06.25

学校CMSで本校Webリニューアル

本校のWebが今日リニューアルした。
なかなか更新できないという点が悩みだったが、このWebは学校CMSを使っているだけに、更新も容易だ。
情報担当として、私もホッとしている。サポートしてくださった皆様に感謝したい。
もっともコンテンツ自体は仮オープンのような状態。これから増やしていこうと思う。

ホームページの更新が滞っている学校は多い。本市の他校のホームページも同様の状況だ。中には18年の4月の更新のみという学校もある。
確かに日々の職務の中で、ホームページ更新にさける時間は限られている。しかも、更新の仕組みが面倒だと「更新しよう」という気もおきないであろう。校内で役割分担をしても同様である。
その点を学校CMSは解消してくれるであろう。本校のWeb更新を推進する先生方も説明会で、「これならできそう」と意欲を示していた。
本格的な更新は7月から。私のブログと同様に毎日更新を目指す。

|

« 明日の教室(7月7日・京都) | Main | 第6回メディつきセミナー(8/5 東京) »

Comments

アクセシビリティチェックツール
WebInspector4.0でチェックしても
ほとんど問題ないのは、すばらしいですね。

CSS 内のGrobalNavigationTopBorderに設定されている、
背景色と文字色のコントラストが足りません。
また、overflowにhiddenは指定しないでください。
という2項目がJIS-X8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針に
よるチェックがかかりました。

すぐ修正できそうですね。

Posted by: Y.Mochizuki | 2007.06.25 at 23:18

 皆川先生のHPも学校CMSでしたね。学校CMSのことは知りませんでした。本校でも学校CMSは利用できるのでしょうか。利用するために必要な手続き等を教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Posted by: たかはし | 2007.06.26 at 02:36

私のblog にも書きましたが、
個人日記であるblog と
作成から決裁までトータルで機能を持つCMS を
言葉として混同している場合が多いのですが、
学校CMS というと、わかりやすいですね。

Posted by: Y.Mochizuki | 2007.06.26 at 05:40

Mochizukiさん、コメント&アドバイス、ありがとうございました。専門的なことはよくわかりませんので、詳しい方に聞いてみたいと思います。
学校CMSという言葉がこれから広まる・・・と思っています。担当者によれば多くの自治体WebはCMSで作成されているということでした。

Posted by: サトマサ | 2007.06.26 at 07:06

たかはしさん、コメントありがとうございます。確かに皆川先生の学校Webと同じシステムです。質問の件は個人メールでしますね。

Posted by: サトマサ | 2007.06.26 at 07:07

 こんにちは。更新するのがブログのような手軽さですと、もっと更新ができるのにといつも思っていました。
 いろいろな近隣の学校でも、HP担当者に負担がかかっていることを知っているので、今回の記事はとても参考になりました。ありがとうございました。

Posted by: kei | 2007.06.27 at 21:11

keiさん、コメントありがとうございます。
ほとんどの学校でHP担当者は「担任」が多いのでは・・・と思っています。そうなると担任の仕事の時間を削ってHP作りという人も出てくることでしょう。その点で学校CMSは担当者の大きな味方だと確かに言えますね。

Posted by: サトマサ | 2007.06.28 at 06:10

私も学校CMSで学校のHPを作り直したいと切に思います。
 どのようにすればよいのか、私にも教えてくださると大変有難いです。よろしくお願いいたします。

Posted by: s.kikuchi | 2007.07.01 at 01:09

コメント、ありがとうございます。確かに簡単に更新できるしくみは便利ですからね。連絡は個人メールでします。よろしくお願いいたします。

Posted by: サトマサ | 2007.07.01 at 05:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 明日の教室(7月7日・京都) | Main | 第6回メディつきセミナー(8/5 東京) »