« 情報テキストセミナー(8/19・東京) | Main | 校内研司会の作戦2 »

2007.07.01

校内研司会の作戦

先週、今年度初の校内全体授業研究会が行われた。
大規模校の本校は研究授業といえば、部会研究会が中心。こちらは6月初めからすでに5つの授業研究会を終えている。全員で検討する授業研究会は年間で5回。その一回目である。
この一回目はとても重要だと考えていた。この研究会で感想・意見が次々と出るようだと、それがスタンダードになって、次回からも大丈夫である。
そのために、司会者といくつかの作戦を立てた。(司会者は部長レベルの先生方の輪番)

・ふだん発言が少ない若手3人に最初に質問をするように依頼
・授業者の考えを引き出すように、司会者は時々授業者に発問をする
・代案が続々と出てくるような場面では、少人数グループでさらに話し合わせる
・指導主事の先生には随時発言していただく
・最後に感想を意図的指名で

これらを昼休みに10分ほどで確認をした。
「タイムキーパー」のような研究会の司会者ではなく、会の「コーディネート」を司会者にはしてほしかったのである。結果は大成功。最初に若手の先生方が次々と発言したことで、触発され、30代も続々発言。ふだんは発言が多い40代は肝心の場面のみだった。また、グループでの話合いの有効性も確かめられた。

ワークショップ型ではないオーソドックスな形の研究会でも、司会の工夫によって内容も深まるということを改めて感じた。

|

« 情報テキストセミナー(8/19・東京) | Main | 校内研司会の作戦2 »

Comments

地獄の沙汰も金次第ですが、事後研の成否は司会者次第ですね。説得力があります。ワークショップ型であろうがなかろうが、司会者の力量が大前提だとつくづく感じます。大人数になればなるほど、難しくなりますね。そこで、2つ質問です。

・授業者の考えを引き出すように、司会者は時々授業者に発問をする

 授業者とは事前に内容も含めて打合せ済みですか。また、どんな内容
 のレベル(事前研での課題、本時の抽出児の姿など)なのか教えてく
 ださい。

・代案が続々と出てくるような場面では、少人数グループでさらに話し合わせる

 事前にグループは決めいらっしゃいましたか。また、代案は次々に出る 秘訣は何でしょうか。(従来型の事後研でのこれが一番の悩みでした から)

Posted by: たかはし | 2007.07.02 at 02:10

たかはしさん、コメントありがとうございます。
この二つの質問に答えるのは、今日のブログで・・・ということにします。いい素材をありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2007.07.02 at 05:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 情報テキストセミナー(8/19・東京) | Main | 校内研司会の作戦2 »