« ハッとする | Main | 県教育委員会HP »

2007.09.16

ハッとしたこと2

昨日の子ども会の野球練習には、同じ子ども会のお父さん方がコーチ役をしていた。
その声のかけ方が絶妙だった。

たとえば、バッティング練習をしている子に対しての声がけ。
空振りしている子に対しても、「よし、思いっきりがいいなあ」「当たる、当たる」と前向きな励まし。
そして、5球目ぐらいにようやくバットに当たったと思ったら、「よし、ナイスバッティング!」(実際は内野ゴロなのだが・・・)。
これならば、子どもはバッティングがいやになることはないだろう。励まされ続けているのだから。たまにヒットが出たら、自信をもつだろう。
むろん、技術的なことも(少しではあるが)ちゃんと教えていた。子どもたちも素直に聞く。それはそうだ。安心してバッティングを見てもらっている。

自分がかつて担当していたミニバスケットボール少年団の指導を思い出す。
技能の上達を目指すあまり、技能的な指示が多かったと思う。むろん励ましもしたが、それ以上に指示が多かった。子どもたちは、バスケットが好きだったから、その指示に従ってくれたが、もっともっと励ませばよかった・・・と改めて思った次第である。

|

« ハッとする | Main | 県教育委員会HP »

Comments

システムテストの件ありがとうございます。
m-SNS にて新しいシステムについて
説明していますので、
ログインをしてみてください。

Posted by: Y.Mochizuki | 2007.09.17 at 07:27

ありがとうございます。了解しました。

Posted by: サトマサ | 2007.09.17 at 08:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ハッとする | Main | 県教育委員会HP »