« 東北青年塾 | Main | 情報が集まる »

2007.10.14

ビジネスモデル

すぐにすべきことがあるのだが、一仕事のあとはなかなかエンジンがかからず、ゆっくりしてしまう。ここが自分の弱点とは知りつつ、それでいいバランスを保っているのなら、その中で考えられる工夫をしていこうと思う。自分の仕事方法は常に変化を指向していかなければ。

さて、今朝見た「がっちりマンデー」。国道沿いに出店し、成長している会社の話だった。「洋服の青山」やラーメンの「幸楽苑」等、岩手の国道4号線でもなじみのお店が紹介されていた。
それぞれきちんとした戦略があり、一つのビジネスモデルになっているということだった。

国道沿いのお店といっても浮き沈みが激しいだろう。我が家から1kmほどで国道4号線だから、よくその国道沿いの店も利用するが、勝ち組の方が少なく、負け組の方が多い気がする。それだけに勝ち組の戦略は、よほど考えられたものだと思うし、ビジネスモデルにもなるだろう。

教育の場合には、「ビジネスモデル」は自分のテリトリーではどんなところであてはまるのだろうか。いくつか考えられる。自分の実践、研究。学校の研究。関わっているプロジェクト等々。いずれまとめていきたいものだ。

|

« 東北青年塾 | Main | 情報が集まる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東北青年塾 | Main | 情報が集まる »