« 情報さまざま | Main | 研究情報を発信する »

2007.11.19

雪かきをしながら思ったこと

今年の初雪は大雪。11月中旬に雪が積もったのことは記憶にない。
すぐに消える雪だとわかっていても、朝は雪かきをしなければいけない。7時からスタートし10分ほどで終わる。今度は学校へ行き雪かき。すでに教頭先生、用務員さんが始めていた。これも20分以上取り組んで何とか終えた。短時間で集中して行ったので、体はポカポカ。登校してくる子どもたちの「おはようございます」「ありがとうございます」「寒くないんですか」というかけ声が嬉しい。

雪かきは子どもたちが登校する前にするとなると、かなり早く通勤しなければいけない。
通勤事情や家庭事情もあり、手伝える人は限られる。自分も子どもを保育園に送って通勤していた頃(前任校)は、雪かきがしたくてもできなかった。
しかし、今は子どもたちも大きくなり、しかも通勤もすぐにできる。こういう時代だからこそ、かつてできなかった分、恩返しをしようと思う。休日の学校関係のお手伝い等も同様だ。今だからできる。
そういうことを自分も先輩からしてもらった。
職場での助け合いというのはそういうものだと思う。

|

« 情報さまざま | Main | 研究情報を発信する »

Comments

北海道(ニセコ)でも雪かきです。
今日の分は済ませました。
ここ数日間で30cmほど積もりました。
雪かきで腰など悪くなされませんようお気をつけてください。
ちなみに、ニセコのスキー場は今日オープンです。

Posted by: 土門@雪プロ | 2007.11.23 at 09:29

土門さん、コメントありがとうございます。
この雪で岩手のスキー場も順調にオープンできるかな・・・と思っています。雪かきは大変な面もありますが、実はいい運動にもなっています。体育を担当していない今年は有り難いことかも(笑)。

Posted by: サトマサ | 2007.11.23 at 09:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 情報さまざま | Main | 研究情報を発信する »