« 研究通信 | Main | 緊張の中のPK »

2007.11.03

先に実践している!

今日は県の組合教研集会に参加した。
地区代表として、社会科分科会への参加である。
代表は3年ぶり。もっとも代表といっても、レポート数が少なく、自動的になったようなものだ。
教研の冊子に60年の開催の歴史が掲載されている。つくづく歴史の重みを感じる。
ちなみに23年間で14回の県教研の参加だ。3年目の岩谷堂タンスの実践で、県で発表したことが教材開発のおもしろさを知るきっかけになったし、情報教育関係で2回全国教研に行ったことも勉強になった。

さて、今日の教研。中学校で光る実践があった。法教育である。ルール作りのためのロールプレイ、弁護士をゲストティーチャーにしての実践等、工夫をしていた。
この法教育、6年生の3学期で実践したいと思いつつ昨年はできなかった。ならばと、今年構想しているものである。金融教育と合わせて、社会科教育の新しい分野として実践したいと思っていた。
それがすでに同じ県内で実践している先生がいた。心強いと思ったし、自分も実践していこう!と改めて思った。

さて自分。雪に関わる実践をまとめて発表した。今まで雪プロで発表したものをベースにしている。サブテーマとしてICT活用を入れている。協議会では質問がどんどん出てきて発表のしがいがあった。
質問が出たついでにデジタルコンテンツやフラッシュ型教材、自分のICT活用実践も紹介。教研では珍しいので、大いに興味を示されていた。微々たるものだが、「岩手でもICT活用を広める」ということに少しは役だったと思う。

|

« 研究通信 | Main | 緊張の中のPK »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究通信 | Main | 緊張の中のPK »