« school55 失敗から学ぶ | Main | 情報さまざま »

2007.11.17

知識を広げる

昨日の海外研懇親会で先輩方と話す機会があった。この会は海外派遣者の集まりで、年に1回、総会・懇親会を行っている。参加するのはほとんどが管理職・そして管理職OB。自分は事務局ということで参加をしている。
懇談の中で、最近の子どもたちの社会科の知識不足が話題になった。お一人だけではない。数人の方からの情報だ。まあ、20年前に比べれば、社会科時数も減っているし、低学年社会科もない。指導方法も変わってきた。知識が減るのも仕方がない。

しかし、それが日常の指導に影響があるのなら、考えなければいけないことだと思っている。たとえば、先日「アジアに広がる戦争」を学習したのだが、かんじんの「アジア」を知っていない子が多かったので、それを教える段階から授業をスタートした。まあ、せっかくの指導の機会だから、アフリカやヨーロッパ、南アメリカ等も一緒に教えてしまう。そういうことがしばしばだ。
それによって、興味をもち知識を広げる子もいる。知識がないのなら、それを広げる機会を意図的に作る。それだけでも子どもたちは違うと思う。6年生もあと4カ月。せめて都道府県と歴史の基礎知識は定着させたい。

|

« school55 失敗から学ぶ | Main | 情報さまざま »

Comments

少なくともサトマサ学級で育てた子は,そんなことはないでしょうけど,私はこの話,大いに反省させられます。新学習指導要領で,そのあたりの改善が明確に打ち出されている理由も,自分の胸に手を当てて考えてみれば納得できます(苦笑)。

Posted by: NOB | 2007.11.18 at 13:25

NOBさん、コメントありがとうございます。
私も反省することは数多いです。
新学習指導要領は私が考えていることが実現しそうな内容で、嬉しく思います。社会科を教師人生の中心に選んだ者として、今後も考え続けていきたいと思います。

Posted by: サトマサ | 2007.11.18 at 15:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« school55 失敗から学ぶ | Main | 情報さまざま »