« 「文章のみがき方」 | Main | 今年を振り返る2 »

2007.12.30

今年を振り返る1

今年もよい年であった。有り難いことである。もっとも自分の場合には、「いい年であった」と結果的に思うようにしているからかもしれないが。

1 6年担任としての3カ月
 1月から3月までは6年生担任として、残りの期間で最高にして卒業させようとした。自分なりに努力、工夫はした。十分だったかどうかは微妙なところもあるが、子どもたちは成長して卒業をしていった。卒業生を出すのは5度目。何回行っても「涙・涙」で送るのは変わりがない。

2 担任として最後の公開授業
 その卒業直前の3カ月の間もアクティブに行動した。1月には北方小の飛び込み授業、2月には雪プロの飛び込み授業。メディつきセミナー・情報テキストセミナーでの模擬授業。そして、最後は卒業式10日前の堀田先生をはじめとする実践研の先生方の来校。自分にとっての貴重な学びの場となった。

3 担任外となる
 4月の新しい分掌は研究主任&情報教育担当。担任という立場よりは、学校全体を見て仕事をするというポジションだ。学級経営から離れるのは担任ではないので仕方がない。しかし、授業から離れることは大きな痛手になる。そこで希望で週20時間程度の授業時間は確保する。特に6年社会を2学級受け持ったことは大きなプラスになった。11月下旬からは研究授業も一段落したこともあり、9割は授業に入っている。
 また、本校は担任外という場合には総務の仕事もある程度受け持つ。事務仕事、PTA関係、電話、各種会議等々。今までとは違う仕事の連続だったが、今までの考えを基本として責任は果たしてきていると思う。これらの仕事のスキルや法規等の新しい勉強は、知識が増えるという点で楽しいものだった。

4 「学級通信本」、発刊
 6月に「学級通信のアイデア40」を発刊。昨年のうちに原稿は書いていたものだった。単著としては3冊目。共著・編著としてネット書店に自分の名前として掲載されているものとしては6冊目である。昨年のような連載はなかったが、キューブのミニ連載等、今年も多くの原稿を書かせていただけたのは有り難かった。もっともかつてのように一つの原稿にもっと時間をかけて質を高めなければ・・・と思っている。

5 自分の研究を学会で発表
 今年も「情報化社会の教材開発」を自分の研究のテーマとした。今年度は、教材開発とカリキュラム作りを・・・と考えたが、カリキュラム作りまでは手が及ばず。前者を堀田先生のご指導のもと、教育工学会で発表をした。しかし、研究にはもっと力を入れなければいけないと思っている。来年度の課題の一つだ。
(続きは明日)

|

« 「文章のみがき方」 | Main | 今年を振り返る2 »

Comments

平成19年は1月の飛び込み授業から始まり,本当にさまざまな場面でサポートしていただきありがとうございました。今年もよろしくお願いします。また,東京でお会いすることの方が多い1年になるかもしれませんね(^^)。

Posted by: みなかん | 2008.01.01 at 16:09

みなかんさん、あけましておめでとうございます。
昨年のみなかんさんのご活躍は予想通り素晴らしいものでしたね。こちらこそ、今年もよろしくお願いします。ホント、岩手では会えませんね~。

Posted by: サトマサ | 2008.01.01 at 21:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「文章のみがき方」 | Main | 今年を振り返る2 »