« 教員も名刺を | Main | ネットワークプレ集会(2月9日) »

2007.12.23

「デッドライン仕事術」

朝、テレビの「がっちりマンデー」ではとバスのNO1ガイドさんの仕事ぶりを見た。マニュアル本の他に、より価値のある情報を乗客に伝えようと熱心に勉強をしている姿を映していた。このような努力があるからこそNO1になっていると改めて感じた。当たり前だが、努力は実を結ぶ。

もともと今日は読書デーにしようと決めていたから、この番組はよけい刺激的だった。その結果、いつも以上に集中して読書できた。今日の中で一番のお勧めは「デッドライン仕事術」(吉越浩一郎・祥伝社)である。最近出版された本で、アマゾンでも高位置をキープしている。

主張はシンプル。
・毎日、「お尻の時間」を決めて仕事をする
・すべての仕事に「締切日」を入れる

締切日は多くの仕事には入れているが、「すべての仕事」には入れていない。気付けば、先の重要な仕事はなかなか進まないという現状がある。そういう仕事こそ、締切日を決めなければ・・・と思った。
むろんそれだけではなく、タイムマネジメントや仕事の段取り、会議の仕方でも学ぶところが多い書である。

|

« 教員も名刺を | Main | ネットワークプレ集会(2月9日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教員も名刺を | Main | ネットワークプレ集会(2月9日) »