« やはりテキストは強い | Main | 今年も何とかニュース番組作り »

2007.12.04

所見フリー研

先週はフリー研修会の第一歩。
今週は自分が主催してのフリー研修会。テーマはこの時期に即役立つ「通知票の所見の書き方」。
毎年3回、多くの時間をかける仕事であるが、実は他の先生の所見をあまり見たことがないという先生が多いと思う。私もその一人だった。以前から、このような研修会もいいと思っていた。
これは私だけではないようで、けっこうベテランの先生も「他の人の所見はあまり見たことがない」と話していた。

さて、今日の運営。参加自由のフリー研修会だから、準備もいたって簡単。
お願いした講師の先生方に事例を事前に提供していただき印刷する。あとは呼びかけのチラシを作成(5分ぐらいでできる)しただけである。
5時過ぎの研修会に何と20人も集まった。若手だけではなく、中堅もベテランも。
講師の先生方から、書き方の方法だけではなく、その考え方、さらには仕事術まで伺うことができた。講師の先生方にとってもお互いの情報は貴重だったようで、とにかく皆さんがよくメモをした30分間だった。
私もいろいろな話に知的興奮を覚えた。今回は質問形式で答えてもらったのがよかったのかもしれない。

このフリー研、校内で自分が今まで学んだことを若い先生方に伝える機会にもなっている。
次の企画を何にするか、とても楽しみである。(フリー研ではないが、1月中旬に地区の図工のセミナーを企画をしている。)

|

« やはりテキストは強い | Main | 今年も何とかニュース番組作り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« やはりテキストは強い | Main | 今年も何とかニュース番組作り »