« 教科書無償のメッセージ | Main | 授業づくり研修会(北方小) »

2007.12.19

教育品質向上運動

とある教育雑誌を読んでいたら、「岩手県の教育品質向上運動」の例が学校マネジメントの例として出ていた。また、今まで何人かの方から、「岩手県は三重県と並んで教育品質向上運動の先駆けのようですが・・・」という話をいただいたこともあった。
そういえば、以前調べてことがあったなあ・・・と思いつつ検索する。こちらである。

この一覧で今まで読んできた関連文書が一気に関連づいた。「苦情マニュアル事例集」「多忙化への提言」「コンプライアンスマニュアル」等、今まで県の動向として当然読んできた。それらがこういう視点でひとまとまりに集約されるのだなあと改めて感じる。これから読んでいこう。

それにしてもこういう文書がネットで読める時代は、やはり有り難い。
十年ぐらい前に、県教委にいた教頭先生が、「行政にいた頃は、新しい情報を真っ先に受けていた点がメリットだった」という話をしていた。紙媒体であれば、確かにそうだ。そこから各市町村教育委員会、各学校に流れていただろう。今や文科省も県教委もHPで情報をどんどん発信している。その気になれば最新情報は簡単に手に入る。逆に言えば読まない人は取り残される可能性があるのだ。

|

« 教科書無償のメッセージ | Main | 授業づくり研修会(北方小) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教科書無償のメッセージ | Main | 授業づくり研修会(北方小) »