« 今年の漢字 | Main | 雑誌の読み方の比重 »

2007.12.15

学生さん

今日はミニネタDVDの撮影を東北福祉大学で行った。上條先生の研究室の学生さん方が児童役である。
全部で18本の模擬授業である。あちこちで模擬授業はしているが、一人で18本もするのはもちろん初めて。どうなることかと思ったが、学生さん方がとても反応がよく、最後までテンション高く行うことができた。上條先生もブログにその様子を書かれている。

さて、自分と今日の学生さんとの違いも今日は感じた。

まずは素直で勉強熱心。二十数年前の2回生の頃、自分自身は家庭事情もあって素直にはなれなかったし、「批判することが大切」という研究室の雰囲気で育っていた。だから、教育実習でもすばらしい実践家の授業での一場面を生意気にも「子どもたちは意味もなく拍手をしている」と生意気なことも書いていた。今考えると実に失礼だったと猛省をしている。

次に出身地を、そして東北が好きだということ。自分自身は、秋田で育ち、保守的な風土(今はどうか知らないが、その頃はそうだった)が好きになれなかった。

いい教育を大学で受けていること。今の大学は講義だけではなく、一人一人を大切にしているのでは・・・ということも感じた。私が大学の時の教官は素晴らしかったし、大変お世話になった。ただ、面倒をみるという点ではおおざっぱだったと思う。それが自分にもちょうどよかった。

当時の自分のいい加減さと今の学生さんの真摯さの落差を感じた日でもあった。そう考えると、今の自分が教師としていろいろな仕事をさせていただいているのは、今まで出会った先輩方や周囲の皆様のおかげだと改めて思った。幸せである。

|

« 今年の漢字 | Main | 雑誌の読み方の比重 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年の漢字 | Main | 雑誌の読み方の比重 »