« 単純な方法ではあるが | Main | メディつきセミナー »

2008.01.17

冬休みを振り返る

全国各地ではすでに3学期(2学期制のところは2学期後半?)が始まっている。
ふだんよく読む先生方のブログから、残り少ない今年度の実践に意欲的に取り組んでいる様子が伺える。

さて、岩手の小学校の多くは明日が始業式である。夏休みが短い分、冬休みが長いのである。
これはそのまま夏休みと冬休みの比重が同じであるということを意味しており、「研修」という視点から考えたら、。そこで、今年の冬休みを簡単に振り返る。

1 各種発表・研究会
 冬休みは本県にとって研修会に取り組む機会である。今年は教育センターでの本校校内研究会の丸ごと発表ができた。本校の研究会での取り組みを発信できたことは有り難かった。また、個人研究についても市教育発表会、教育センターの発表会で事前に取り組みから発表までサポートできた。自分自身は今日はエネルギー環境教育研修会でプレゼンをした。図工のセミナーの運営にも力を入れた。
 また、本校校内研究会で2学期のまとめを行った。75ページの資料をもとにした話し合い。本校校内研では大きい位置づけの会でいい話し合いができた。

2 原稿
 いくつかの原稿を執筆。しかし、この冬休みは次の本の原稿に集中的に取り組む予定だったが、この点はなかなか進まず。参考文献を読めば読むほど、自分の原稿を書けなくなった。自分自身の強みは何なのか、改めて考えている日々である。

3 読書
 日常的に読書は継続しているのだが、長期休暇はそれらがスパートする時期。今年は特に例年以上読めた。といっても合計で十数冊ほど。あくまでも「自分にとって」ということだ。一番印象に残った言葉は「時間泥棒」。いつの間にか時間泥棒に時間を盗まれている自分に気付いたが、冬休み中に改善とまではいかなかった。

4 Web
 ブログと日記は毎日更新は冬休み中も同様。日記は7年目に突入した。学校Webも年末年始以外はほぼ毎日更新。

5 外出
 東京に3回出かけた。12月26日の会議。28日~29日の家族旅行。1月14日~15日の職員旅行。家族旅行は今年度から回数が限られてしまったので、いい機会だった。職員旅行は幹事役。人の役に立つ嬉しさとふだんとは違う文化を見ることでき、これまたいい時間を過ごせた。

6 日常の仕事
 長期休暇といっても、当たり前のことであるが、年末年始以外は通常の勤務日である。今年は職員旅行以外は休まなかったが、事務仕事は思いのほか進まなかった。2月と3月の仕事量が増える・・・という結果になってしまった。

 冬休み前は、「あれもこれもするぞ・・・」と思いつつ、結果的には「やはりできないことも(結構)あった冬休み」というようになった。これは小学校時代から変わらない。永遠の自分の課題なのかもしれない。

|

« 単純な方法ではあるが | Main | メディつきセミナー »

Comments

 充実された冬休みであったとお察しいたします。ところで、校内研究のまとめの話し合いでご使用なられた75ページの資料が気になります。中身はおおよそどのような内容だったのか教えていただけませんか。

Posted by: たかはし | 2008.01.17 at 23:22

たかはしさん、コメントありがとうございます。
75ページの大半は先生方に書いていただいた実践集と部長の「部会の取組」です。私自身のは研究の骨子や2学期のまとめ等です。そのまま「研究のまとめ」の原稿になるものです。

Posted by: サトマサ | 2008.01.18 at 05:31

さとまささんのように計画的に仕事を進めなければならないのですよね。見習わなければ…といつも反省してしまいます。
原稿も4月スタート分で8本もたまってしまいました…(^_^;)
2月楽しみにしています。よろしくお願いします。

Posted by: やまかん | 2008.01.18 at 07:32

やまかんさん、コメントありがとうございます。
計画は立てるものの・・・というパターンです。原稿が8本もあるということは私からすれば超人的です。それなりの仕事術があるのでしょうね。
2月もよろしくお願いいたします。

Posted by: サトマサ | 2008.01.18 at 22:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 単純な方法ではあるが | Main | メディつきセミナー »