« 都道府県を覚える | Main | みちのく情報教育フォーラム »

2008.02.09

東北青年塾の進化

今日は授業づくりネットワークプレ集会。東北青年塾の4回目の集会を兼ねている。

思えば1年前。みちのく情報教育フォーラムの夜の会で、阿部さん、佐々木さんの3人で話し合って「ぜひ青年塾を発足させよう!」という話になった。
4月に上條さんを交えて一回目の打ち合わせ。
6月に発足。そして、9~11月までの3回連続の青年塾。
そして、今回のプレ集会。主催しているわけではないのだが、青年塾がスタッフとして動いている。この姿は1年前は想像できなかった。1年前は「青年塾といっても何人集まるのか」といった予想すらつかなかった。
今や青年塾員は24名を数える。これは、「自称青年」も続々入っているからだ。

活動を始めて目を見張ったのは塾生の意欲ぶりだった。
スタッフの講座や模擬授業では質問がバンバン出てくる。
模擬授業の立候補を募ればすぐに出てくる。
さらに、4月号から授業づくりネットワーク誌のリレー連載の募集があれば、あっという間に埋まってしまう。
「東北人は控え目」「しゃべらない」といった印象があるかもしれないが、そのようなことは青年塾には関係がなかった。

今回の集会にはスタッフを入れて80名ほどの参加者があった。
皆さんが「学びたい」という意欲をもっていることを改めて知った。だからこそ、講義の時の反応もいいし、解説をする時にはひたすら鉛筆が動いていた。

この夏(8月)には授業づくりネットワーク大会が仙台である。(そのためのプレ集会)
この青年塾の皆さんと一緒に参加できることを嬉しく思う。

|

« 都道府県を覚える | Main | みちのく情報教育フォーラム »

Comments

プレ集会では、たいへんお世話になりました。すばらしい講座、ありがとうございました。夢中で考えていて、「あ、そういうことか!」と実感できる講座でした。「雪を使った熟語づくり」の場面が特に心に残っています。参加者みんなに光があたり、主役になったように感じたからです。そういう授業をしたいと思っています。
もう一つ。
講座の中でではなく、集会全体を通して、そして懇親会でも。サトマサさんが皆さんに送る温かなまなざしをずっと感じていました。これが人間的な懐の広さというものかなあ…と思いました。

Posted by: かつのり | 2008.02.10 at 07:34

 昨日はありがとうございました。
久しぶりにお会いできて
とてもうれしかったです。
オーラを感じました。
 ついでいただいたビールを
パワーにかえて、残り1ヶ月がんばります。

Posted by: マックマン | 2008.02.10 at 07:39

お疲れ様でした。充実した会だったようですね。
またいろいろ教えてください。

Posted by: Y.Mochizuki | 2008.02.10 at 10:12

かつのりさん、マックマンさん、Mochizukiさん、コメントありがとうございました。

かつのりさんとマックマンさんはすでにご自身のブログにも書かれていますね。お二人ともいい学びができたこと、何よりです。しかも、懇親会では同席させていただきました。
かつのりさんの周りはいつも賑やかです。いつお会いしても「太陽のような人」だと思っています。それは、自分だけが輝いているのではなく、他の人も照らしているからです。
マックマンさんとは仕事術の話が楽しかったです。自分にはこだわりがあるのですが、それらも否定しながら進化しなければ・・・と思っています。また青年塾でお会いしましょう。

ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2008.02.10 at 16:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 都道府県を覚える | Main | みちのく情報教育フォーラム »