« ありがとう 岩教組 | Main | 集める仕事 »

2008.03.23

地域に支えられている

毎年、地区の班の常会が1回ある。
12世帯が我が班だが、班長さんの家であれこれ地域のことについて話す貴重な機会である。
隣近所で挨拶はしていても、なかなか家にあがることもない。入るだけで同じ班の連帯感も増す。

あれこれ話す中で、スクールガードの話が出た。
今年度スタート時点では当町内会は行う人が少なくて毎週だったが、そのうち人数も増え、月に1~2回程度になったということだった。予定表の用紙も見せていただいた。毎日ぎっしりと計画されていた。
このような地域の支えがあってのスクールガードだと思った。本当に「見守られて」いる。

さらにはこんな話も聞いた。
・子どもたちが「いつもありがとうございます」と声がけをしてくれるのが嬉しい。
・学校の出来事を話してくれるのが楽しい。
・「一年間お世話になるので、名前を覚えたい。教えてください」と言われた。
本当に小学生の子どもたちがかわいいという感じで話をしてくれた。このような話を聞くと、地域の中にある学校、地域の人とつながっている学校ということを痛感する。
子どもたちの行動もいい。その背後にある担任の先生方の配慮にも感心する。私の心も温かくなる常会だった。

|

« ありがとう 岩教組 | Main | 集める仕事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ありがとう 岩教組 | Main | 集める仕事 »