« 地域の活動 | Main | 2件連続 »

2008.03.03

教えることの大切さ

社会の教科書に国旗と国歌のコラムがある。
半ページほどだ。
ここでは昨年授業用にプレゼンを作成している。
1時間用のものだが、今年はテスト後の15分ほどで実践した。

詳しい実践内容は省くが、子どもたちには次のようなことを教えた。
・外国の国旗の特徴
・日章旗についての法律とその歴史
・国旗がないと困ること
・君が代の意味と感想
・外国の国歌の意味と感想
子どもたちにとっては未知のことだったようで、興味をもって聞いていた。

教えて、改めて「地域のこと」「日本のこと」を教えることの大切さを感じた。
このブログのテーマである。
もともとは「子どもたちが大人になった時に、自国のことについて語れるようになってほしい」という願いから作成したものである。
今回のことで子どもたちは(わずかだが)国旗と国歌について知った。語れるようにはなっていないが、次回学習をする時に、今日の学習を思い出してくれれば・・・と思う。

|

« 地域の活動 | Main | 2件連続 »

Comments

あの授業から,もう一年が経ったんですね。その節はありがとうございました。それにしても早いです。歳を取るわけです(笑)。
そう言えば,「情報」の授業のビデオ編集が止まったままです。思い出してしまったので,お詫びも申し上げたくて,立ち寄らせていただきました(苦笑)。

Posted by: NOB | 2008.03.03 at 23:11

NOBさん、コメントありがとうございます。
そうです、そうです。授業をしながら、「もう1年前か・・・。早いものだなあ・・・」と感じておりました。佐藤学級、最後の参観授業でしたので特別の日でした。
ビデオ編集のお詫びとは、思い出させてしまい(笑)申し訳ありません。止まったままで構わないことです。

Posted by: サトマサ | 2008.03.04 at 06:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地域の活動 | Main | 2件連続 »