« 2007年度のまとめ2 | Main | ご挨拶 »

2008.03.30

今年度最後の講座

今日は授業づくりネットワーク春集会の講座講師。
3月末の忙しい中、事前申し込みは250人。新学期を前に多くの皆さんが「学びたい」と意欲をもっていることがわかる。
会場の成蹊大学は初めてだ。吉祥寺駅からバスで5分。街中にありながら、大学に入るとそこは静かな世界だった。ちょうど桜が満開。桜とキャンパスがお似合いだった。

さて、多くの講座があり、それぞれ定員は30名。私の講座「ICTを活用した社会科授業」にも30人程度の皆さんがこられた。9割方は初めての方であるが、「常連」さんもおり、同じ内容があるのは申し訳ないと思うのだが、「同じ内容でも何度聞いても新しい発見があります」という言葉に救われる。

今年度、これが最後だ。今年も二十数回の発表・講座・模擬授業等を行った。一つ一つが自分にとっても貴重な学びになっている。来年度は立場も変わり、限られた回数の登壇となる。逆に言えば、ここ数年アウトプットが多かったから、「インプットを増やす」チャンスだと思っている。どのような状況でも、チャンスはある・・・そう考えていこう。

|

« 2007年度のまとめ2 | Main | ご挨拶 »

Comments

 立場が変わるとさらにバージョンアップした講座が受けられるような…。ようく考えると私はさとまささんの講座をじっくり受講していないので、ぜひ今後楽しみにしています。

Posted by: やまかん | 2008.03.30 at 21:56

やまかんさん、コメントありがとうございます。しばらく講座はないと思いますが、バージョンアップするように蓄積をしたいと思います。よろしくお願いいたします。

Posted by: サトマサ | 2008.03.30 at 22:33

参加しましたが、バタバタしていて、先生に声をかけることができず、残念です。すいませんでした。来年度もよろしくお願いします。

Posted by: ながたく | 2008.03.31 at 00:08

ながたくさん、こちらこそバタバタして失礼しました。またお会いしましょう!

Posted by: サトマサ | 2008.03.31 at 05:09

正寿さんの模擬授業や講座を何度か参加させていただきましたが、2時間じっくりというのは、初めてでした。
講座内容ももちろんなのですが、今回は立場的に講座の進め方もついつ意識をしてしまいました。
参加者をうまく引き出しながら、ゆったりとそして時には笑いを誘って運ぶ講座の進め方が、すごく勉強になりました。
新しいステージに立たれると聞き、ちょっと戸惑いもありましたが、また違った立場や視野での発信も楽しみにしています。

Posted by: tnk | 2008.03.31 at 05:50

tnkさん、コメントありがとうございます。
2時間の講座の構成と数十分の構成では違いますね。2時間はゆとりがあるものの、適宜緩急をつけないと間延びしたものになってしまいます。
いつものことですが、講座講師は難しいと改めて思っています。

Posted by: サトマサ | 2008.03.31 at 15:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2007年度のまとめ2 | Main | ご挨拶 »