« 教育研究岩手 | Main | 娘と一緒の6年間 »

2008.03.18

初来賓

今日は初の来賓を経験した。
今も時期になると多くの幼稚園、保育園から卒園式のご案内が学校に来る。校長、教頭をはじめとする担任外が対応をする。自分も今年担任外になって初めて行くことになった。
「祝辞」を言う可能性があるということで、ひな形をいただいた。講演、講義等で話はするので、緊張はしないものの、祝辞はまた別だ。適宜アレンジして、練習をする。なかなかうまくいかない。それでも型があるので、内容は十分だと思った。そう考えると、型通りの祝辞ではなく、ハッとする言葉を祝辞の中に盛り込める人はすばらしいとやはり思う。

幼稚園に行くと、さっそく控え室に通される。隣の学校の校長先生が来られたので、祝辞は代表ということで校長先生にしていただく。初祝辞ができなくて残念なような・・・でも、正直ホッとした気持ちであった。
式が開始。園歌の作曲者が渡辺岳夫さんだった。有名なアニメの作曲を手だけられた方かな・・・そうだったら、すごいなあ・・・と思いながら歌を聴く。園児の態度も立派。日本教育美術展で多くの作品が入賞されていることを知った。
園ではリーダー、絵もすばらしい・・・小学校に入ってから、「一番の下学年だからみんなでお世話」というのが適切かどうか改めて感じた。
来賓の立場でいると、「礼はどこから、するのか」「どのような祝辞がいいのか」という視点も入ってくる。これはこれで大事なことだ。やはり、自分がその立場に立つということが経験だと思った。
式終了後に10分ほど、控え室で笑談して園をあとにした。

このような経験も貴重であった。

|

« 教育研究岩手 | Main | 娘と一緒の6年間 »

Comments

>講演、講義等で話はするので、緊張はしないものの、<
さすがですね。羨ましいです。
佐藤さんは教務主任なのでしょうか?
それとも教頭さん?

Posted by: 駒太郎 | 2008.03.19 at 05:04

駒太郎さん、コメントありがとうございます。
私は研究主任です。本校は大規模校なので担任外が多く、この日は教頭も教務も校内で執務をしていました。校長、生徒指導、私が幼稚園に行っていました。

Posted by: サトマサ | 2008.03.19 at 06:16

やまかんです。さとまささんと同じように研究主任で、幼稚園、保育所にお邪魔して数回経験しました。
挨拶をした後の入学後の1年生は、印象深いようで、すごく良く声をかけてくれます。
校庭にいると楽しいですよ。次回ぜひ、次は管理職の立場でしょうか?

Posted by: やまかん | 2008.03.20 at 09:39

やまかんさん、コメントありがとうございました。
確かに、保育園児は一生懸命にこちらを見ていました。声をかけられるかもしれませんね。

Posted by: サトマサ | 2008.03.20 at 15:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育研究岩手 | Main | 娘と一緒の6年間 »