« ルーキー | Main | 中学生の言葉 »

2008.04.04

全校の担任

新任式および始業式が行われた。
昨年度に続き担任ではない。もう担任にはならないという道を選んだから当然だ。
しかし、小学校現場の先生方の多くは担任である。その視点は担任外でも常に意識していなければいけないと思っている。「担任時代を忘れた担任外になっていはいけない」という自戒である。

だから、1年のスタートの今日も意識は「全校の担任」である。昨年は児童名を可能な限り覚えようと思ったが、やはり大人数でなかなか覚えられなかった。今年は小中合わせて44人。4月中に覚えられるであろう。
むしろ逆に子どもたちが自分を「教頭先生」としか言わないのではないか。自分の方の名前が子どもたちに覚えてもらえないのでは・・・と前日考えた。
何としても、新任式で印象に残った出会いを演出したいと考えた。
いたってシンプルだが、自分の名前を覚えてもらうには、一つのものを準備すればよい。
壇上に上がる時に、背広の脇ポケットにそれを忍ばせた。小さなサイズのものを購入したが、それでも結構大きく何とか押し込んで入った。

自分の自己紹介の時に演台の内棚においてから挨拶。挨拶が立派なことを話してから、
「私の名前を覚えていますか。
 覚えるには、これを思い出せばいいです」
内棚から、ビニール袋に入った商品用の「砂糖」をじっとみんなに見せた。
「そうです。(大声で)先生は『さとう』です」
緊張していた子どもたちの顔がほぐれた。ニコニコしている。

これで子どもたちは忘れないであろう。
あとで、「佐藤教頭先生の名前は忘れないね」と子どもたちが話していたと聞いた。
作戦はまあまあ成功であろう。

考えてみれば、学級開きの時には「エキサイティングな出会いを」と考えていた。担任ならば当然だ。新しい学年ンで担任の先生に期待をしている。そういう担任意識を失わないようにしたい。全校の担任なのだから。

|

« ルーキー | Main | 中学生の言葉 »

Comments

私も担任をしていた頃をよく思い出します。

Posted by: Y.Mochizuki | 2008.04.06 at 22:50

Mochizukiさん、コメントありがとうございます。全校の担任は、担任外だからできることと考えています。

Posted by: サトマサ | 2008.04.07 at 05:46

そのとおりですね。私も今の仕事は
そう思っています。

Posted by: Y.Mochizuki | 2008.04.07 at 06:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ルーキー | Main | 中学生の言葉 »