« ICT機器をもちこむ | Main | 情報源が入ってくる »

2008.04.08

「一人だけの仕事」

 学校現場では今まで教諭だったので、学年という「チーム」の意識が強かった。3学級、4学級の学年主任が多かったので、特にもそういう感じをもったのかもしれない。学年1クラスの単学級になった時や、担任外になった時にも、学団(5・6年)や担任外の教諭の集まりでチームという感じだった。

 今回の教頭は一人だけの仕事だ。今日の集まりの中で「孤独な仕事」と表現された方がいた。なるほどなあ・・・と思った。それだけに同職同士のネットワークが重要になってくる。また、養護教諭、主事、用務員・・・と一人だけで学校現場にいる皆さんとの意志疎通が不可欠だということも改めてわかった。

 これらのことは頭ではわかっていたものの、改めて立場が変わると実感することである。

|

« ICT機器をもちこむ | Main | 情報源が入ってくる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ICT機器をもちこむ | Main | 情報源が入ってくる »