« 講座評価に励まされる | Main | 中学校歴史教科書 »

2008.04.13

学びと学びの間を大切にする

今年は立場上、出かけて学ぶ機会が限られている。
2年前から行われている堀田先生のゼミ、昨年から関わっている東北青年塾(夏のネットワーク大会)、昨年から関わって継続している2つのプロジェクトがその場だ。

昨日と今日はそのゼミとプロジェクトだった。機会が限られている分、いつも以上に学びが大きく感じられた。
これは自分の中で「今年の学びの機会は限定されている」という意識が強かったからかもしれない。

さらに今年度は「学びと学びの間」の期間が重要だと思っている。今までは取り組んでいたものや依頼されたことがあったので、その期間は短かいものだった。今回は長い。その間にどのようなことをインプットし、そしてアウトプットするかが重要なのだ。このブログがそのアウトプットの場にもなるであろう。

|

« 講座評価に励まされる | Main | 中学校歴史教科書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 講座評価に励まされる | Main | 中学校歴史教科書 »