« 再度、東北青年塾 | Main | 雑誌を購読する効果 »

2008.05.15

ようやく「通信」1号

「通信」は自分の仕事の重要な手段である。
教員になってから2年目から、学級通信を書いた。以後担任時代はずっと書き続ける。「ほぼ日刊」の年も14回。通信を書くことが自分の仕事の証になっていたし、実践記録にもなった。

昨年、担任外になった時には研究通信を書いた。日刊はとても無理だったが、A4版の両面刷りで50号を越えた。1回発行するのにエネルギーと時間をかなり割いたので、かけた時間は学級通信日刊時代と同じぐらいだったであろう。

さて、今年。ようやく通信1号を発行した。学校でのコンプライアンス担当ということで、その通信である。コンプライアンスの意味、本県の取り組み等を書き、関連資料も添付した。
管理職の教員向けの通信は探してみると、珍しくもない。ただ、校内向けなので、どうしてもHPでの掲載や本での紹介が少ないということのようだ。
このコンプライアンスの通信は月1回。それでも一歩を踏み出したのは自分にとっては大きい。これからその他にどんな通信が発行できるか、じっくりと考えていこうと思う。

|

« 再度、東北青年塾 | Main | 雑誌を購読する効果 »

Comments

もし可能でしたら、拝見したいと思ったのですが。いかがでしょうか。

Posted by: たかはし | 2008.05.17 at 10:43

あくまでも校内用通信ですので、これは非公開です。すみません。

Posted by: サトマサ | 2008.05.18 at 10:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 再度、東北青年塾 | Main | 雑誌を購読する効果 »