« 本体HP15万アクセス | Main | 若き日の自分を思い出す »

2008.05.10

応援練習で小中併設のよさを感じる

本校は小中併設である。大きな行事は小中一緒に開かれる。今は運動会の練習に一生懸命である。

その中で応援練習の様子を何回か見ている。小中一緒に行っている。小中併設のよさをその時に感じている。
まずは中学生にとって。中学生は全員がリーダーとなる。小学生の子どもたちを引っ張っていく。これが、中学生のみだったら全員がリーダーとはなれないであろう。

小学生は、中学生(小学生の一部も含む)の応援ぶりを見て、リーダーの指導の仕方や声がけ等を学ぶ。中学生のそれは当然小学生レベルではない。小学校高学年にとっては、いいモデルを見ているわけだ。

小中一緒だと小学校の高学年がリーダーとしての活動ができないのでは・・・とも思ったが、小学校だけでの応援の場面もあり、そこでリーダーシップを発揮する。

こららは本校の強みを生かしている例の一つだと思う。運動会の応援の様子を見れば、学校の様子が分かると言われる。当時の応援が楽しみである。

|

« 本体HP15万アクセス | Main | 若き日の自分を思い出す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本体HP15万アクセス | Main | 若き日の自分を思い出す »