« 頼る2 | Main | 3ヵ月が過ぎる »

2008.06.29

プロのアドバイス

偶然であるが久しぶりに「子ども電話相談室」をラジオで聞いた。この番組、子どもたちの素朴な疑問がおもしろくて、聞いてて飽きない。(かといって、毎週聞くという番組でもない。そこはやはりラジオ番組だ。)

スイッチをつけたら、聞こえてきたのは、「ピアノの発表会があるがうまくひけない。どうしたらいいのか」というものだった。それに対する回答がまさに「プロ」だった。

・女の子が「モーツアルトの・・・の〇番・・・・」というと、即座にキーボードでその部分を弾いて、「この曲?」と確認する。(当然合っている)
・「この曲はモーツアルトが子どもたちが演奏できるように作った曲」というように解釈を言う
・7月27日(発表会の日)の2週間前まで「ここまで弾けるといいよ」というめやすを言う。
・本番でできなくなった時には「止まってもいい」とアドバイス。そして、次からまた弾けばいいとのこと。大人でもそういう例はある。
・最後はゆっくりと終わると、大きな拍手が送られるはず。

ほんの数分の中での的確な回答。まさにプロだった。相談者の気持ちだけではなく、具体的なめやす、かんじんのテクニックまで教える。しかも実技(キーボード演奏)付き。凄いなあと思って聞いていたら、回答者は有名な青島広志氏だった。「やはり」である。
そのうちホームページにこの回答も載るであろう。再度見てみたい。

|

« 頼る2 | Main | 3ヵ月が過ぎる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 頼る2 | Main | 3ヵ月が過ぎる »