« 1年生と楽しむ | Main | 後藤新平語録 »

2008.06.04

1年生と楽しむ2

今日も1年生の補欠授業。また、楽しんだ。

・朝、打ち合わせをしていると1年生の子たちが職員室にやってきて、「先生、来てください」と言う。自分たちの力で朝の会はできるのだろうが、先生がいると安心できるのだろう。やはり1年生にとっては先生は大きな存在だと思った。

・昨日、今日と実物投影機を頻繁に使う。1年生はわずか4人だから、「子どもたちを集めて見せればそれですむ」という考えもあるだろう。しかし、実物投影機は理解だけのツールではない。拡大投影することによって、子どもたちの表現力も磨かれる・・・そう思った。事実、1年生の子たちは前に進んで出てきて、スクリーンを指さして説明を始める。これが積み重なっていけばプレゼン力が向上するであろう。

・パソコンも2回目。こちらも確実にスキルアップ。マウスの使い方も自然だった。子どもたちの習得率の高さにも驚く。

・帰りの私が1年生担任をしていた時に、交通事故にあった子の話をした。ちょうど今ごろの時期だった。土曜日の授業後、お昼過ぎ、帰ったところ交通事故にあったのだ。片足を全治2カ月の骨折。事故にあった時の様子と病院での様子を話すと、真剣に聞いていた。そして元気な声で「さようなら」をした。

明日は担任が出張から戻ってくる。短い2日間だったが、とても新鮮だった。1年生はやはり「1年生」と感じた2日間だった。

|

« 1年生と楽しむ | Main | 後藤新平語録 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1年生と楽しむ | Main | 後藤新平語録 »