« 「名人への道」 | Main | 頼る1 »

2008.06.26

意外とハードルは低い?

前任校では貴重な経験をいろいろとさせていただいた。情報担当としても、研究担当としても。
しかし、新任地では担当も異なるし、学校も違うのであるから、まずはその学校の今まで流れを重視しようと思っていた。当然である。その学校には、その学校の培ったものがある。
自分の新しい職務もあるのだから、それが優先する。だから、ICT活用やワークショップ型研究会等、できても2学期あたりからかな・・・と思っていた。

しかしながら、ICT活用は予想以上に先生方に活用していただいている。私自身も一日数時間の授業で頻繁に活用している。
研究会にしても、今日の雑談で「付箋紙を活用した方法もいいのでは・・・」と思いがけないところから出てきた。来週の研究会ではワークショップ型研究会に向けての第一歩が踏み出すかもしれない。
これが小規模校のよさだろう・・・と思う。小回りがきくのである。自分自身がハードルを高くしていたのかもしれない。これからが楽しみであり、チャンスだと思っている。

|

« 「名人への道」 | Main | 頼る1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「名人への道」 | Main | 頼る1 »