« 学校のパンフレット | Main | 極上のマイ仕事環境 »

2008.07.09

二流の超一流

昨日、NHK「プロフェッショナル」で「二流の超一流」という言葉が出てきた。プロ野球・ヤクルトの宮本選手についての言葉だ。
ずっと番組を見て、その境遇に共感した。体格や素質は恵まれているとは言えない。「リトルリーグ」と揶揄されることもあった。そんな宮本選手は野村監督から言われた「二流の超一流を目指せ」という言葉を大事にしている。

確かに野球は4番バッターだけでは成り立たない。脇役でもチームに必要な選手になることができる。そのような積み重ねのうちに、一流の選手、そして日本を代表するキャプテンになっていく。

自分も教員のスタートは順調ではなかった。4つ目の採用試験でひっかかったものの、器用ではなかった。同期ですばらしい教員が羨ましかった。
そんな自分でも宮本選手ほどではないものの、それなりに積み重ねて今に至っている。だからこそ、「二流の超一流を目指せ」という言葉に惹かれる。

担任の先生方が週案を、週に1回提出する。そこに先生方が一週間の感想を記述している。私の役目は、感想へのコメントを書くことだ。
お二人の先生が、先週の研究授業の感想を書いていた。一流の教師であれば、研究授業を短時間見て即10ぐらいのコメントが書けるであろう。「よし、ならばこの間の授業について10項目書こう。それならば二流の超一流に近づける」と思って、研究授業を想起しながら、さっそく書き始めた。
しかし、思い出して書けたのは7項目止まり。なかなか「二流の超一流」までは遠い。しかし、「何でも10項目コメント」をトレーニングしているうちにいつか近づけるのでは・・・と思っている。

|

« 学校のパンフレット | Main | 極上のマイ仕事環境 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校のパンフレット | Main | 極上のマイ仕事環境 »