« 各種冊子 | Main | 教員研修Web総合システムTRAIN »

2008.07.14

子ども会万歳!

何度か本校の保護者のつながりの強さについて書いてきた。
昨日の子ども会ソフトボール大会は、改めてそれを実感するものであった。

県内各地で子ども会単位の大会は市町村単位で行われている。私自身も保護者の立場で、昨年まで5年間、市内子ども会ポートボール大会の地区監督を務めた。週に2~3回、学校体育館で練習。保護者も何人かサポートに来ていた。
もっとも練習が16:30からで私も参加できないことも多かった。これはどの保護者も似たようなものであった。勤めている以上仕方のないところである。何とかやりくりしながら、地区子ども会の練習を支えているというのが実情であろう。

ところが、本校子ども会(育成会)は違っていた。練習が16:30から。ふと17:00過ぎにグランドを見ると、何人ものお父さん方が指導をしている。さらには、お母さん方も声援を送っている。子どもたちは学校に居残りをしてから参加するので、全員参加。
練習の様子も子どもたちにとってプラスになるものだった。体力や技能の向上はもちろんだが、応援や「はいっ」という返事や礼儀についてもしっかりと教えられているようだった。

こういう体制だから、当日の応援も強力だった。保護者はもちろん、中学校の子どもたち、さらには弟や妹まで声援を送っていた。むろん、私たち教員も精一杯声を出した。
残念ながら、試合は敗れたものの、このように地域みんなが盛り上げて、子どもたちはさぞかし心強かったと思う。腕は真っ赤に日焼けして、お風呂に入る時にヒリヒリしたが、日焼けをしているのも忘れるぐらい私も試合の中に入ることができたのだった。
子どもたちは、自分たちが中学生になった時も、大人になった時も応援を続けるに違いない。まさに子ども会万歳!である。

|

« 各種冊子 | Main | 教員研修Web総合システムTRAIN »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 各種冊子 | Main | 教員研修Web総合システムTRAIN »