« 大きな笑い | Main | 学校のパンフレット »

2008.07.07

共感した講演

今日は県内の教頭職が集まる研修会。県下の教頭先生方の多くが参加。
元同僚や娘の小1の時の担任の先生と10年ぶりに会ったりと、こういう機会もいいものだと思った。
午前中は県の行政職の方の講話。
午後はNHK盛岡局の上原アナの講演だった。
もともと著名な方の講演は好きである。昨年は夜回り先生と瀬古選手の講演会で充実した時間を送った。
しかし、今年度はそういう機会もなくあっという間に過ぎてしまっていた。

さすが一線級のアナウンサーということでユーモアも語りもプロだった。
趣味で岩手の自然をとり続けた写真も鮮やかだった。(自分も軽米の大自然の写真を撮りたいと思った)

しかし、それ以上に感銘を受けたのは「挫折した時の話」だった。
NHKのスポーツアナとして順調に業績を上げてきた上原氏の1回の挫折。ちょっとしたミスなのだが、マスコミの反響は大きすぎた。そこから新たに切り開いてきた人生。
挫折が大きいからこそ、その後の人生への共感も大きかった。会場の先生方も同じ思いだったに違いない。
退席の時の拍手は大きく、長く続いた。

挫折談は、その人の人間らしさを露出させる。とあることで自分にとっては大きなヒントを得た。その点でも有り難い講演だった。NHK番組の見方も変わってきそうである。

|

« 大きな笑い | Main | 学校のパンフレット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大きな笑い | Main | 学校のパンフレット »