« 新たに知る | Main | 口利きと鳥取県 »

2008.07.18

工夫すればできる

岩手は小規模校が多い。二十数年前は1000人規模だった小学校でも今は200~300人台という学校もある。
かつて自分がいた宮古市の長女の学校もそうだった。校舎の半分は使われていない。残り半分でも空き教室がけっこうあるという感じだった。

その小学校及び周辺小学校でこのような取り組みをしているという記事があった。
「環境が問題ではない。工夫次第なのだ」と思った。きっと子どもたちの興味・関心も高まるであろう。
元教員で「子どもたちに教えたい」「自分の力を社会のために使いたい」と思っている人も多い。人資源も有り難いものだ。

ちなみにコメントを述べている田中先生はかつての同僚。習字専科として学級に入っていたいたり、通知表の所見を厳しく指導していただいたりしたことを思い出した。

|

« 新たに知る | Main | 口利きと鳥取県 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新たに知る | Main | 口利きと鳥取県 »