« 地域の民話を伝える | Main | 危機対応を学ぶ »

2008.07.23

またも震度6強

また地震。
6月には実家のある奥州がテレビで何度も取り上げられた。
今度の地震は一番強かったのが洋野町。その隣町に自分は住んでいる。
その日は飲み会があり、しかも寝た直後であり、最初の揺れに対する反応が鈍かった。しかしながら、激しい揺れに夢中で避難した。ガラスや柱のきしむ音に「アパートが壊れるのでは・・・」と本気で思った。
私自身は何も被害がなかったし、実家も大丈夫であった。
しかし、またもや多くの方がケガをした。被害が広がらないことをお祈りしたい。

|

« 地域の民話を伝える | Main | 危機対応を学ぶ »

Comments

佐藤先生
今回も地震ということで心配しました。
ちょっと夜更かししていたらニュースが入ってきて、
相当な揺れだということを知りました。
おけがもないということでちょっと安心しました。
これからも大変とは思いますが、頑張って下さい。
             ニセコ小 土門

Posted by: 土門@雪プロ | 2008.07.24 at 15:21

土門先生、コメントありがとうございます。
昨日の揺れは相当なものでした。もっとも、今までも何度も強い地震を経験しているし、最近は震度3程度が時々あったので、「また来たか」と初動が鈍かったです。
「これはいけない」と思い直したところです。

Posted by: サトマサ | 2008.07.24 at 22:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地域の民話を伝える | Main | 危機対応を学ぶ »