« 共感する言葉 | Main | レストラン給食 »

2008.08.26

戦略があってこその勝利

オリンピックが終わるとNHKでは特集を組むだろう・・・・と思い、昨日は帰ってからテレビ視聴。
さっそくやっていた。もっとも8時過ぎから見たので、後半部分しか見られなかったが。
それでも、丁寧な事前取材や「『柔道』か、『JUDO』か」といった独特の切り口で、面白かった。

そのままダラダラとNHKをつけ続けていたら、22時から「NHKスペシャル」で「熱投 413球 女子ソフト・金メダルへの軌跡」という番組が入った。自分も感動した女子ソフトボールの金だったので、思わず見入ってしまった。
上野選手の準決勝、3位決定戦、そして決勝の軌跡を追うものであるが、それだけではなく全員が戦略をもってゲームに臨んでいたのがわかる内容だった。

たとえば、予選でなかなか打ち崩せなかったアメリカのピッチャーの微妙な癖を見抜き、ライズボールだと「上」、ドロップだと「下」とベンチからすぐに大声で教える様子が映しだされていた。まさに「徹底した研究」の戦略だ。そして、ボールにもかすらなかった投手を打ち崩す。
また、上野投手も新しく覚えた変化球をオリンピックでここぞという時に多用する。キャッチャーも、配球の的を絞らせないように細かく動いて工夫する・・・・。
テレビ中継では全く想像もつかなかったが、様々な戦略があってこその勝利だということがわかった。こういう裏側を知ることができる番組は面白い。
番組の中には、上野選手やチームメイトにゲームを回想するインタビューの映像が流れていた。それも時間をかけたインタビューであった。帰国してから間もないのに、インタビューをして番組に仕上げる。そして、オリンピックの興奮さめやらぬ閉会式翌日に放送する・・・このプロ魂にも拍手をしたくなった。これも一つの戦略だと思った。

|

« 共感する言葉 | Main | レストラン給食 »

Comments

JJです。この番組、私も見ました。よく聞いていると、「上!」「下!」って聞こえてくるんですよね。これを発見した人(スコアラーなのかな)も一緒に闘っていたんですね。こういう緻密さ、用意周到さは授業での布石も同様だなあ、と感じていました。(正寿さんをまねて、授業に結び付けてみました!ははは。)

Posted by: JJ | 2008.08.26 at 22:45

JJさん、コメントありがとうございます。
確かに、このような話は授業にも結び付きますよね。どれだけ現状を分析できるか。プロには何が見えるか・・・授業の見方に通じるものがあると、書かないけど思っていましたよ。

Posted by: サトマサ | 2008.08.26 at 22:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 共感する言葉 | Main | レストラン給食 »