« 働くことは最高の道徳教育 | Main | DVDの紹介 »

2008.08.11

パワーアップ!ネットワーク集会

「授業づくりネットワーク2008 in仙台」に参加した。
一時期毎年のようにネットワークの集会に参加していた。2001年~2005年ごろまでだ。三重、北海道、千葉、福島・・・と全国各地に行っていた。
この2年間はお休みをした。これは、講師役の仕事が多く、日程がつかなかったためだ。今年は地元仙台(水沢からだと職場に行くよりも80km近い)、東北青年塾の強力なバックアップ、そして自分も講師ということもあって、参加させていただいた。ただし、勤務の都合で1日だけ。それでも「本当に参加してよかった」と思えるような集会だった。印象に残ったことをいくつか。

1 実行委員での皆さんのがんばり
 私も実行委員だったが、名ばかり。東北や北海道の先生方を中心に、メーリングリストで盛んに情報が交換された。むろん、事前の準備も念入りだった。その熱意に頭が下がる思いだった。私も参加できる日は何か役に立てれば・・・ということで受付を行った。表舞台には見えない土台を実行委員会の皆さんがしっかりと築いた集会だと感じた。

2 「Mini-1グランプリ2008」という企画のおもしろさ
 午後のプログラムで「Mini-1グランプリ2008」というのがあった。ご存じ、漫才のM-1の真似である。若手が5分間の模擬授業に挑み、チャンピオンを決めるものである。勇ましいBGM、軽快な司会で実に盛り上がった。ただ、単に模擬授業〇本紹介より、確かに面白い。むろん、模擬授業の内容も秀逸なものが多く感心した。このような若手がどんどん出てくる。実に楽しみである。来年もこの企画は続く。

3 ICT活用の講座
 自分が受け持った講座である。レポーターは3人。皆、東北青年塾。東北青年塾は層が厚いことを実感した。レポーターと私以外は6人と小規模の分科会だったが、その分、深い話し合いができた。しかも実物投影機への注目度も今まで自分が受け持った講座で一番熱かった。その点で、意義のある講座だったし、「人数ではない」と改めて感じた。参加者の思いや深さが伝わってくる講座の講師は幸せである。

4 東北青年塾員の活躍
 会場準備、講師、レポーター、そして懇親会。ホームということもあるが、東北青年塾の皆さんの活躍はすばらしかった。立ち上げ集会から実はまだ1年も経っていない。しかしながら、このような集団になっていた。感嘆。
 さらに懇親会では久しぶりにお会いする方々とあれこれお話ができた。これまた嬉しかった。

 やはり、積極的に参加してこそ実りある集会なのだと感じた。関わった先生方、ありがとうございました。

|

« 働くことは最高の道徳教育 | Main | DVDの紹介 »

Comments

ありがとうございました。
やはり、正寿さんが近くにいらっしゃると言うだけで安心します。
これからも、よろしくお願いいたします。


Posted by: あべたか | 2008.08.13 at 06:28

あべたかさん、コメントありがとうございます。
地元東北での大会ということで、本当に八面六臂のご活躍でした。頭が下がる思いでした。こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: サトマサ | 2008.08.13 at 07:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 働くことは最高の道徳教育 | Main | DVDの紹介 »