« 原稿執筆から考える | Main | 東北青年塾の記録 »

2008.10.13

『学び合い』を学ぶ会in宮城

研究仲間から紹介がありました。
「学び合い」は以前から注目していたテーマです。(3年前のネットワーク大会で西川先生のご講演を聞いてからです。)西川先生のブログも毎日注目しています。
エキサイティングな研修会になると思います。
ご都合の付く方、ぜひご参加ください。

----

『「座りなさい!」を言わない授業』の西川先生が来る!
──────────────────────────────
  【ご案内】 『学び合い』を学ぶ会in宮城
──────────────────────────────

子どもに向ける願いは親も教師も同じ。そんな親の願い,教師の願いを
もっとかなえる授業を提案します。
できないこと,苦手なことがあってもそれが人間です。様々な子の
様々な持ち味を生かして「みんな」で学び合えば「みんなができる」に
到達できます。
「何のために学ぶの」「学校は何のためにくるの」「教師の役割って?」
おおもとの所からいっしょに,考えてみませんか?
学校関係者はもちろん,保護者の皆さん,そして学ぶ主体者の児童,
生徒の皆さんも大歓迎です。

 1 日時 2008年11月29日(土)
 2 場所 仙台市青年文化センター( ℡:022-276-2110 )
    地下鉄旭ヶ丘(仙台駅から約10分)下車(東1番出口より徒歩3分)
 3 主催 子どもに学ぶ教師の会(宮城の会)
 4 後援 石巻市教育委員会 東松島市教育委員会
 5 講師
   西川 純先生(上越教育大学教授)
   三崎 隆先生(信州大学准教授)
 6 日程
  12:30~13:00 受付
  13:00       開会
  13:05~14:00 西川純先生による講演
  14:00~14:10 質疑
  14:10~14:20 休憩
  14:20~15:20 三崎隆先生による『学び合い』模擬授業
                            (道徳)
  15:20~15:25 質疑
  15:25~15:35 休憩・準備
  15:35~16:35 『学び合い』の授業実践の報告とフリートーク
  ○酒井浩一郎(福島県郡山市立赤木小学校)
  ○中村知佳・藤坂雄一(宮城県石巻市立雄勝小学校)
  16:35~16:45 休憩・準備
  16:45~17:30 『学び合い』をもっと知るためのポスター
              セッション等
  ◇Aコーナー 『学び合い』Q&A(講師:西川純先生・上越教育大学教授)
  ◇Bコーナー 『学び合い』の授業を参観しよう
                     (ビデオ参観・フリートーク)
  ◇Cコーナー 『学び合い』を学校に
         (話題提供:坂内智之・福島県郡山市立赤木小学校教諭)
  17:35  閉会
(18:00~20:00 ミニ懇親会
              ※青年文化センター内「ウィーンの森」)
7 参加費 2,500円(懇親会費3,500円は別途)
      ※当日集金します。
8 お申し込みの方法
  ※以下のいずれかの方法で,事務局 本川良 宛,お申し込みください。
    Eメール motokawa.ryou@yellow.plala.or.jp
        (できるだけ,メールでお願いします。)
郵送(住所) 〒986-0121
         宮城県石巻市大森字大平6 二俣小学校 本川 良 宛
☆参加申し込みに当たっては,次のものをご記入ください。
   1.お名前 2.お勤め先 3.ご住所 4.電話番号かメールアドレス
   5.懇親会ご参加の有無
☆当日の会場での参加申し込みも可ですが,準備の都合上,できるだけ
   11月14日(金)までにお申し込みください。
  (定員になり次第、締め切らせていただきます。)

|

« 原稿執筆から考える | Main | 東北青年塾の記録 »

Comments

ご紹介ありがとうございます。
西川先生の講演もですが、三崎先生の模擬授業も注目です。よろしくお願いします。

Posted by: かつのり | 2008.10.13 at 19:32

かつのりさん、コメントありがとうございます。
学び合いのある研修会になりそうですね。楽しみです。

Posted by: サトマサ | 2008.10.13 at 23:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 原稿執筆から考える | Main | 東北青年塾の記録 »