« 連休中に読んだ本から2 | Main | ○つけ法 »

2008.11.04

「失敗はチャンス」に共感

時々に見ているWebにスクール55がある。
その中に「若い教師が元気になる先輩の失敗談」というのがある。これが実におもしろい。「あの先生でもこんな失敗をしていたのか」と感じて、確かに元気になる。
今回は野中信行先生のコラムであった。実に共感できる内容である。こちら

最後に野中先生は書かれている。

大切なのは、その失敗を単なる失敗に終わらせないことです。失敗は、「人生の宝庫」なのです。
失敗したなと思ったら、迷惑をかけた人に正直に謝ることです。正直であることが、人間としてとても大切です。そして、その失敗を二度としないために、どうしたらいいだろうかと考え抜くことです。「失敗はチャンスなんですから」

全く同感である。初任の時には数多くの失敗をした。ある時など翌日から初任者対象の出張で2日間不在なのに、集金袋を配付しわすれた。その学校は「集金日」を設定していた。保護者もその日に合わせて準備をしている。
気付いたのはすでに5時過ぎ。出張関係の準備をし終わってから、6時半頃から一軒一軒集金袋を届けた。車で移動しても8時半頃までかかった。「渡し忘れました。すみません。明日から出張なので届けにきました」と正直に謝った。アパートに戻って、「あ~あ、また失敗だ」と落ち込んだ。
しかし、この出来事は一部の保護者から信頼を勝ち取ることとなった。「明日でもいいものをわざわざ届けてくれた。その真摯さがいい」と保護者会で話してくださった方がいたのである。有り難いことであった。同時に、「失敗を生かす」ことの大切さをその時に感じたのである。

|

« 連休中に読んだ本から2 | Main | ○つけ法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 連休中に読んだ本から2 | Main | ○つけ法 »